大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

キャンパスフランス登録あれこれ

茨城から戻ったらポストに不在配達表が入っていました。

11月30日に申請した学生ビザです!!

配達の日付が12月10日だったのできっかり10日で手元に届いたということになります。
なかなか出来るじゃない!フランス大使館ビザセクション056.gif

これで、安心して出発の準備ができます。まずは一つクリア。003.gif


しかし、フランスで生活する手続きはフランスに着いてからが本番です。コレから移民局で、県庁で、警察署で、市役所でなにが待ち受けているのか。。。。
悪名高いフランスのお役所仕事015.gif 


と、言うことでカテゴリを一つ増やし、フランスでの手続きの備忘録としてブログを活用して行くことにしました。


まずは、無事取得できた長期学生ビザの取得のあれこれ(2010年11月30日申請時)

長期学生ビザとは3ヶ月以上の留学に申請するビザで最長1年です。(フランスで期間延長可)
3ヶ月以内なら、日本の普通のパスポートがあればビザ申請は必要ありません。


まず、やらなければいけないこと

それは、キャンパスフランスというフランス政府留学局への登録です。
今年から始まった制度のようです。

オンラインで事が進むので楽といえば楽。

まず、アカウントを作成し自分の情報を登録していきます。

ほとんど日本語で登録可能ですが、履歴書、動機、留学計画、留学後の展望はフランス語か英語で記入になります。


私の場合はここで熱く語った所で結果に差は出ないので2、3センテンスの一言作文023.gif



アカウントができると自分のメールボックスが出来るので、分からないことがあればメールで質問すると、教えてくれたり、代わりに入力しておいてくれたりとかなり便利。レスポンスもビックリするくらい早くて感心してしまいました。

¥20000も登録料払うのだから、そのくらいお願いしてもバチはあたらないかな048.gif


しかし、私みたいな料金さえ払えば誰でも入学できるような語学学校の場合、ほとんど自力で学校関係の処理はできるのだから正直必要ないプロセス。。。


入力が終わると面接の予定を入れることができます。


ビザ申請のためにはたとえ相談することが何一つなくてもアポを取って東京のフランス大使館内のキャンパスフランス事務所で担当者との面談をしなければいけないのです。


既にフォームに記載されていることの確認作業しかしないことが分かっているのに、、、ここでハンコを押してもらえないとビザがもらえません。


政府の機関って本当にボロい商売。。。


キャンパスフランスの面接には事前に二つの書類のコピーを送付する必要があります。


一つは最終学歴の卒業証明書。

これは大学で発行してもらいました。英文の卒業証明がとれればそのまま提出書類として使用できますが日本語の場合は翻訳が必要です。

二つ目は留学先の仮登録証明書(Attestation d'inscription dans un établissement d'enseignement)です。
3ヶ月以上の留学期間と週20時間以上のクラスを受講する事が明記されている必要があります。

日本人留学生が多い学校は事務局の方がそこをふまえた上で証明書を作成してくれますが、念のため確認した方が良いと思います。

私は夏にフランスにいる間に直接大学の事務局に行って前金を支払うと同時に証明書をもらえたのでもの凄く簡単でした。が、大方の留学生は日本から不安にかられながら振込をし、いつ来るか分からない書類をジリジリしながら待つことになるので精神的に第一関門になるのかもしれません。が一番コレが大事な書類!!


準備万端整えたらランデブーへレッツゴーです!(昭和な表現だったわ///)
[PR]
by catitude | 2010-12-15 00:27 | フランス手続き覚え書き
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30