大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

タグ:STUDY FRENCH ( 4 ) タグの人気記事

ゴーギャンのカリベール

本日で学校の授業が終わり、現在、明日から始まる試験勉強中です。

学校は語学の授業以外にもオプションで好きな講義を選んで単位をとるようになっています。

私が選択したオプションの中に19世紀以降のフランスアート史があります。

他の授業との時間割のからみが良かったというのが選択した一番の理由だったのですが、美術に関して印象派、キュビズムといった超有名なムーブメントについて見聞きした知識が多少ある程度で系統立てて学んだことが無かったのでかなり面白くとても勉強になりました。

さらに嬉しいことに、通常ファイナルテストは半期で学んだすべてが範囲となるのですが、美術史だけは中間テストの範囲となった所から後の部分だけが範囲となるのでかなり的が絞れてラクチンなんです。

前回のテストで印象派まで終わったので今回はゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ピカソ、マチス、抽象画(カンディンスキー、モンゴリアン)、シュールレアリズムが範囲。

私は個人的に日本で人気の印象派絵画より19世紀終盤から第二次世界大戦前の時代の絵画が好きなので、かなり興味のある部分でもあります。

そして、ファイナルで出題される可能性が高いのが(3問出題される)ゴーギャンとキュビズムだとにらんでいます。抽象画やシュールレアリズムは全体像の理解が問われる可能性があるけれどちょっと影薄。


ゴーギャンはタヒチを題材にした絵画のイメージが強いし作品も多いのですが、美術史的に画期的な変化をもたらしたのは実はフランス時代。

クロワソニズムと呼ばれる輪郭戦を強調し、写実、遠近法を使わず色彩を自由に使うという日本絵画の影響を強く感じる作風を生み出します。

その時代の重要な作品の一つが

c0170236_5403889.jpg


Le calvaire breton


という1889年の作品です。(ブリュッセルのベルギー王立美術館蔵)

calvaireとはブルターニュの教会の外にあるキリストの受難を表した石で出来たモニュメントです。

そしてこの絵に描かれているカリベールのモデルは私もなじみの深いポンタベンの隣村のニゾンをいう教会のカリベールです。

ニゾンの教会は彼のパパの家の最寄りということもあって、何かとお祭りがあるとここに行くし、クリスマスのミサもここで受けたことがある教会。

いつも写真を撮ろうと思いつつ、あまりにも普通に訪れていたため撮る機会がなかったカリベール
今回は美術史で習ったばかりというのもあり、気合いを入れて撮ってきました。

c0170236_5523285.jpg


うっ、、、地味

今まで撮らなかったのも無理が無い主張の薄い佇まい。。


カリベールの脇にはこの絵を説明する看板も出ていました。

c0170236_5491928.jpg


フランスでフランスのアート史を学ぶというのは、直にモデルを見る機会に恵まれるというおまけまで付いてくるなかなか素敵なことだと思いました。
[PR]
by catitude | 2011-05-28 06:00 | 日々のこと

語学学校は通う価値あり?

 私は留学を目的にして渡仏した訳ではなく、フランス生活の第一歩としてのフランス語習得のため(とビザのため)語学学校に通っている訳ですが、コレが語学留学だけが目的だったらかなり無念だろうな〜。って思うことが沢山あります。(つまり愚痴です)


 若かりし頃、お遊びと言われても文句が言えない夏期語学講座で学んだことがあるのですが、ホント全く違います。


 一番違うのは、以前は限りなく0%に近かった中国人留学生が今や全体の70%以上を占めていること。(語学学校ならではです。大学や院の本科では中国人学生は増加しているものの、それほどではありません)


これは中国の開放政策とフランスのサルコジ政権になって押し進められている中国人留学生倍増目標(実際は倍増どころでなく10倍近くなっているけれど。。。)に寄る所が大きいと思われます。が、とにかく多くって「私は中国に留学したのか?」って錯覚を覚えるほど。



そして、中国人留学生はかつての国を背負ってたつ超エリートかつ野心的な学生ではなく(もちろんそういった人もいると思うけれど)、バブル期に日本の女子大生がこれといった目的はないけれどアメリカ西海岸やハワイあたりに留学していたのと同じ感じです。


日本ではあまり感じることが無かった時代の変化を感じます。


第二に、日本でも内向きな若者が増え、ダイナミックな人材が少なくなったと言われて久しいのですが、これって世界共通かもって思います。


中国人もアメリカ人も南米人も、もちろん日本人も


みな、こぎれいでマジメで優しいのですが、


オトナシい良い子ちゃん達ばかり。(カトリックの私立校だから??)


語学なんて、話して、コミュニケーションをとれてなんぼなのに、同じ国出身の子と固まってしまって、授業中も発言しなくって、いつフランス語を話すの?って子が多いんです。


授業にも問題があるのかもしれません。(特にメインの語学クラス)

沢山の中国人学生を受け入れすぎてしまったばかりに(国から何らかの要請があったにちがいない)語学クラスの人数が25人を超しています。(7割は中国人)


これでは一人が発言できる機会は限られます。


語学は「話す」「聞く」「読む」「書く」のバランスが大切なのだけれど、「書く」というテクニックを要する項目はいつもおおざっぱな説明を受けただけで論文を宿題にするといったような無茶振りをされるし、「話す」は上記の通り難しい状態。「聞く」と「読む」のは正直どこでも出来ること。。。



私はオプションで選んだ授業で少人数の会話や実用的な(履歴書書いたりモチベーションレターを書いたり)フランス語を学ぶコースを選んでいるのでうまい具合に補えているのですが、オプションの選択次第ではフランス語を全く話さずして卒業可能です。(オーラルのテストは別にして)



もちろん、自分の意識次第で状況は変わります。
それに語学学習は学校に通っている限られた期間で終了するといった類いのものではありません。
でも、時間とお金を使って学びに来ている訳ですからそれなりの手応えは欲しいと思うのは当然です。


これからフランス語留学を目指されている方がいらしたら、語学学校は最小期間で集中して勉強して大学、若しくは大学院の本科を入試されることをお勧めします。あと、日本で基礎をしっかり固めてくることも大事だと思います。


いきなりネガティブポイントから入ってしまいましたが、いいことだってあるので次回書きたいと思います。
[PR]
by catitude | 2011-04-21 22:26 | 日々のこと

Je vole

昔々、ニース大学の夏期講座を受講した時のこと。

あっ、大学付属の夏期講座って半分お遊びみたいなもので、中には寮に安く宿泊してバカンスを楽しむ為に来ている人とかもいて(当然授業には2回くらいしかこなかった。。)全然大したことは無いのですが、

日本の大学では扱わないようなゆる〜い教材をつかった授業が新鮮で楽しかったのを覚えています。

なかでも、一番まったりとした空気が流れる午後一の授業はシャンソンのリリックから口語表現を学ぶことが数回あり、初めてまともにシャンソン(フランス語で歌全般のこと。)を聞いたのでした。

以前記事にした「my way」もこの時の授業の収穫品です。


最終的に10曲近くのラインナップとなり、最終日の授業の時に先生が

「どの曲が一番好き?」

と生徒全員に質問されました。

私が選んだ歌は

Michel Sardou の 「Je vole」直訳すると「私は飛ぶ」という歌でした。



両親の家から夜にそっと出て行く若者の歌です。

『両親へ、

愛してるよ、でも行くね。。。。。。。』

と小さなスーツケースを持って電車にのり大西洋へそしてその先へともう戻らないと決意して旅立つ様子をうたっています。






あと5日で私も旅立ちます。

戻ってこない訳ではないけれど、もう同じではないですね。

今日最後の荷物を送りました。市役所に海外転居届けも出しました。

いよいよです。

↓[je vole]の歌詞です。
[PR]
by catitude | 2011-01-19 00:59 | 日々のこと

ラジオ語学講座

朝の通勤時はラジオ派です。

そして、FMラジオで天気予報と交通情報をチェックした後は、NHKのラジオ語学講座に切り替えるのがいつもの習慣になっています。027.gif

もちろん語学が好きということもありますが、時間に正確なプログラムなので朝の通勤時に

「うわ! この信号待ちで練習問題のコーナーにはいっている~。 遅刻かも~」 とか

「この渋滞ポイントを抜けてもまだハングル講座なら楽勝間に合う」とか、ものすごく便利。 

『聞くだけでしゃべれるようなる』なんて語学教材がありますが、ただ聞くだけって絶対身につきません!(断言)


だって時間的にいつも聞いているハングル講座。 10年近くほぼ毎日楽しく聞いていますが 「アニョハセヨ~」と「カムサハンニダ~」しか分からないですもん!


ここ数年はハングル講座→フランス語講座→イタリア語講座 が通勤時間のプログラム。


ただしイタリア語講座が終わる時間が始業の時間だからイタリア語が聞こえてくると条件反射でものすごくあせるようになってしまいました(汗)

丁度4月はプログラムがスタートする時期。

さすがに初級はマスターしているフランス語はいつも過去の放送と比べたりする余裕があります。

まず、アルファベットの読み方と定冠詞・不定冠詞などの概念を第1週目に勉強するのはいつもの通り。いよいよ今週が実質初めての会話スキットの登場なんですが、、、、


フランス語講座最初となる今週の重要表現が、、、

(月曜日) Là, le garçon avec un sac à dos vert. 

         あそこ、緑のリュックの男の子。

          いきなりこれ??


(火曜日) Voici ma fille Marie

         娘のマリーだよ。 

          これは簡単だけど・・・
       

(今日)  Tu as tous tes bagages avec toi ?
 
         荷物は全部もってるの?

         確かに日常会話で使うフレーズではあるけど・・・


まだBonjourもやって無いのに・・・。すごい盛りだくさん!

すでに形容詞の性数一致や部分冠詞などフランス語勉強したことある人なら分かる第一の文法挫折ポイントをサラッと通過013.gif 不規則活用をする動詞もガンガン使ってます。

文章の内容は確かに初級なんですが、内容と進むペースは明らかに初心者を置いていくペース。

10年聞いてきたけど、これはすごいというかビックリの滑り出しでした。

初級者ついてこれているのかな~?(一応私は大丈夫ですよ=)

この先どうなるかちょっと楽しみ053.gif
[PR]
by catitude | 2009-04-08 23:55 | 日々のこと
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30