大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

タグ:日記 ( 165 ) タグの人気記事

お知らせ

先週末、誕生日を迎え新たな年代に突入しました。

同時にフォーメーションも一回目の企業研修が終了し、いよいよ本格的にエンジンフル稼働。

フォーメーションの内容が私の想像をはるかに越えたレベルの物を求められていることがここになって明らかになり、もっと必至にフランス語に向き合わないといけない状況となりました。


と、いうことで一旦このブログをお休みする事に決めました。


2008年から始めたこのブログ。


私の人生の転機となったフランス行きを決めた2010年の夏を挟んだ4年間の記録。

人生の変化と葛藤、沢山の人からの応援がつまった宝物です。


また再開するかもしれないし、しないかもしれません。



だからブログはこのまま残します。


もちろん、今まで交流させていただいたブロガーの皆様へのブログには今まで通りお邪魔させていただきます。(息抜きも必要ですものね←いきなり言い訳)




日本の家族、友人への近況報告ブログは今後も時々更新させる予定ですのでよろしければ遊びに来てください。




では、また!!







キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-11-19 00:59 | 日々のこと

バカンスです。

フリースが手放せない日がひたすら続いていますが、フランスはバカンスシーズンに突入しました。

彼は先週の木曜が仕事納め、私は金曜がお仕事の最終日でした。


フランス人は仕事が終わったら速攻でバカンスに繰り出します。
仕事(学校)が終わる時間になるとともにもの凄い勢いで荷を造り大移動。

この慌ただしさに私はまだまだ慣れていません。


ってことで、金曜にバタバタとアンジェを出発したのですが、アンジェに忘れものをしまくってしまい、本日一人戻ってきました。


幸い諸事情でサンローランで足止めを食っていたので痛手は少ないのですが、自分の管理能力の低下ぶりがショックです。。2年以上無職だとホント社会復帰に苦労します。。。


忘れ物といっても「物」ではなく


バカンス中に連絡すべき人の電話番号とか、
バカンス前にメールで問い合わせないといけない案件とか、
職安に提出する不在届けだったり、
自転車の修理だったり(自転車屋さん、バカンスに入ると動きが悪いので)

遠隔でもネットを繋げば何とかなるものが多数ではあるのですが、ちょっと数が多かったため一旦家に戻ってキレイにしてからスッキリした気持でバカンスに行きたかったので戻ってきました。


自転車の修理以外はほぼ完了したのでホット一息です。


明日、彼と合流し、ブルターニュに行ってきます。


アンジェより5℃は気温が低いので心して(笑)


晴れますように!!

気温が上がりますように!!(天気予報によると20℃を越える日はないみたいだけれど)









キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-07-09 03:39 | 日々のこと

面白いものを見つけました パート2

先日ご紹介した「初恋の人からの手紙」と同じサイトに

「一年目の手紙」っていうのもありました。

結婚してからあと2週間で1年になるので

「あっ、タイムリー♬」

ってことでやってみました。


そしたらこんな手紙が届きました001.gif

今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、今日ぐらいは真面目に思ったことを伝えるよ。

さて、何から書こうかな。
あー、前から思ってたんだけどさ、catitudeって「安い下着屋みつけた!」とか言うと必ず次に会うときかゆそうだよな…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか…。この話はナシ(笑)。

そうそう、最近思うんだけど、catitudeってすぐ「束縛とかのない自由な付き合いにしよう」とか言うよね。そういう考えはいいと思うんだけど、おれが同意していないのに自由すぎる気がする。catitudeは結構モテるし、そのあたりは心配なんだよね、ぶっちゃけ。
catitudeが浮気しそうなタイプには思わないけど、少し自由さを抑えておれに気を遣ってくれたらありがたいなぁと思う…。

catitudeって、精神的にはかなり成熟していて、それでいて無邪気で、その両面を併せ持ってるってすごいと思う。ただ、そうだからこそ、catitudeは男から人気があるし自分だけのものではない気がいつもしてる。
まぁこんな風にうだうだと言っていると、catitudeは全然こんなこと気にしていなかったりして、はるかにおれより自由だから、空回りで終わることがほとんどなんだけどさ。
なんだかなぁ…。男なのに全然リードしてないな、おれ。

…って結局は文句ばっかり言ってる自分…。
もっと前向きなこと書くね。記念日だってことを忘れてた。

ここまでひどいことを書いてきたけど、なんだかんだ言って、おれはcatitudeに感謝してるんだ。
おれは性格がキツイし人に優しくないから、catitudeみたいな性格がまるで仏様に思えたし、正反対の人間だと思った。いろいろと批判したりしてしまうけど、catitudeの理解があって人に優しいところは、おれは大好きなんだよね。そこは変わってほしくない。

catitudeが言っていた「喧嘩とかをしても、そのたびに乗り越えて絆を強くしていこうね」っていうセリフをおれは今でもしっかり心に刻んでいるから、忘れかけていた気持ちを再確認しながら、これからも一緒に歩んでいきたいと思う。catitudeもあのころの気持ちをそのまま持っていてくれたら嬉しいよ。

これからもすれ違いとかあると思うけど、この一年間のように、理解を深めて乗り越えていこう。あ、それと、いちいち料理つくるときに「どちらかの餃子には睡眠薬」とかゲーム性もたせるのやめてくれ…。せめてワサビとかにしてくれ…。

では、これからも末永くよろしく。catitudeがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.誕生日にあげたバッグをオークションで売って、叙々苑に行ったらしいな。


笑えます〜〜!!


>>catitudeってすぐ「束縛とかのない自由な付き合いにしよう」とか言うよね

出た!!「LOVE自由」宣言!!(笑)「初恋の人からの手紙」の内容と一貫してるのが面白い!

>>おれは性格がキツイし人に優しくないから、catitudeみたいな性格がまるで仏様に思えたし、正反対の人間だと思った。いろいろと批判したりしてしまうけど、catitudeの理解があって人に優しいところは、おれは大好きなんだよね。

これ、まさに現在彼からよく言われます。

ポジティブな時もあれば、「理解がありすぎて優しすぎる、そんなんじゃ勝てない!」って超ネガティブに取られる事も。(彼はホントに批判が多くてムカつくわ!033.gif←全然仏様ではないですね。。。)

お国柄の違いでしょうか。。

>>「喧嘩とかをしても、そのたびに乗り越えて絆を強くしていこうね」

常日頃思っていることです。

以前はそれほどでも無かったのですが、結婚してからかな、よくこんな感じの事を言うようになりました。

>>誕生日にあげたバッグをオークションで売って、叙々苑に行ったらしいな

って、物への執着がないって所から来てるんだろうけれど、貰った物は気持が入っているので大切にする質です!!

でも、日本の美味しい焼き肉食べた〜〜い!!



キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-06-11 20:44 | 日々のこと

面白いものを見つけました。

日常がオールフランス語なのにまったくフランス語に進歩が見られないのはネットで日本語に浸っているのが原因なのでは。。。と思い始めていますが、

さすがに日本語との接触をゼロにするストイックさは私にはないし、そこまでする必要も感じないのでやりすぎない程度にネットサーフィンをしています。


ってなわけで、サイトをイロイロ巡り歩いていたら面白いサイトを見つけました。

「初恋の人からの手紙」

というページでいわゆる恋愛診断的な物です。

いくつかの質問に答えると「初恋の人から私に宛てて書かれた手紙」とやらが現れます。

これが結構笑えます。


私に送られて来た手紙はこんな感じ。


catitude、ひさしぶり。
もうモテる女性を「下品な女」と罵るクセは治りましたか?毎日のように言っていたcatitudeをなつかしく思います。

喧嘩が増えてきて、catitudeが「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日から、もうXX年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

今振り返って考えてみると、あのころのcatitudeは、穏やかでかわいい雰囲気をかもしだしていたわりに自由人で手に負えなかったのを覚えています。天真爛漫でおれにも優しかったけれど、どうも自分だけのものにならないような歯がゆさをいつも感じていました。「あっさりした恋愛が理想だよね」ってcatitudeに押し付けられたときには、なんとも言えない切なさがありました。

確かあのとき、catitudeにとってはおれが初彼氏だったかな?そうだったからか、最初のころのcatitudeは自信なさげでしたね。「私左側を歩いたほうがいい?」「手より腕を掴んだほうがいい?」とか聞いてきて、少し面倒でした(笑)

付き合い始めのころは、勢い余って、catitudeが「いつか結婚してもいいけど」とか言っていましたね。言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。後先考えずにそういうことが言えてしまうところもcatitudeらしいですね。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはcatitudeと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなcatitudeと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはcatitudeのことがそれでも好きでした。これからもcatitudeらしくいられるよう、それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 老人のニオイが好きって言ってましたね。今でもそうですか?




>>モテる女性を「下品な女」と罵るクセ

ののしるという事は無かったと思うけれど、媚びる系の女性を下品だと考える傾向は確かにある!!

>>「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日、、、

これ、現在よく言っている気がする(コラっ!)

>>「あっさりした恋愛が理想だよね」ってcatitudeに押し付けられた、、

「結婚するなら週末婚が理想」って長い事思ってたし、言ってた気がする(汗)

>>いつもどこかにいってしまいそう

言われた事、何度かあります。
「フワフワして安定感が無い」という意味ではなく「執着心が無さ過ぎてサクッとポイされそう」という意味でした。


>>ゴキブリを素手で殺すのはやめて

って殺さないし!!

でも「キャー!!」って逃げたりはせず果敢に戦いに挑みますが(笑)



当ってるようなそうでないような

でも、ちょっと楽しかったからご紹介^^

お暇でしたら試してみてください^^

キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-06-10 04:41 | 日々のこと

私なんかでいいのでしょうか?

最近更新もままならない私のブログですが、トリップアドバイザーから記事掲載のオファーをいただきました。

先日のアイルランド記事が運良く担当の方の目にとまったようです。


写真も記事も大したことはなく、美味しい物巡り情報も、旅の準備のお役立ち情報も皆無に等しい拙ブログ。

トリップアドバイザーのサイトで情報収集をしている方のお役に立つとは思いませんが、せっかくの機会なので掲載のオファーを受けさせていただきました。

トリップアドバイザーのバナーを横枠に貼ろうと試みたのですが、枠の幅が合わないのかどうもうまくいきませんでした。。(やっぱりダメな人)

テンプレートでくっつけてみました。



取り急ぎ、この場を借りてご報告。


トリップアドバイザーの該当ページに飛びます。


キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-02-25 00:43 | 日々のこと

外部リンクのご紹介♬

エキブロを始めてかなり経っているのに、機能が全く使いこなせないアナログ女ですが、

やっと、や〜っと

外部リンク(エキブロ以外のリンク)を表示することに成功しました。(遅い、遅すぎる!!)


ダリアさ〜ン

やっとのことでリンクが張れました。遅くなってすみませんでした。

我家の超ご近所さんのダリアさんのブログ

どのくらい近いかというと、雪の日の朝、同じ場所を撮影しちゃうくらい近所。(彼女の2月6日の記事でご確認を〜)

こんな日にわざわざ写真を撮りに遠出しないという共通点も発見。



c0170236_1575717.jpg



同じアンジェ在住でも、なにも成し遂げていない自分探し真っ最中の私とは反対で
夢に向かい勉学に励む彼女の存在は私にいい刺激を与え続けてくれます。


フランス(特にアンジェ)の文化ネタや人間観察(つまりフランス人への優しく鋭いツッコミ)は私の苦手とする所。大いに楽しませていただいています^^




後一つ、リンクについては少々悩んだのですが、

フランス移住を期に家族や友人への連絡の為に日常生活を綴る為に別のブログを開設しました。
(エキブロは家族や知人に見せる意図が無かったため、見られるとこっ恥ずかしいので。。)

彼との生活を軸に綴っています。

今の所、これと行って棲み分けがはっきりしていないので、こちらのブログとかぶることもあるし、今後どちらか一つにする可能性もありますが当分並走させますので(更新速度はどちらも遅いけれど。。)お暇なら遊びに来てください。


個人的にはエキブロの方が、他のブロガーさんの文章力、カメラの技術(フォトブログの場合)、記事の内容とも魅力的で好きなのですが。。。
[PR]
by catitude | 2012-02-07 02:16 | 日々のこと

良いお年をお迎えください

フランスではノエルのインパクトが強烈すぎるせいか、新年は「ノエルとひとくくりのバカンス期間の最後」程度の位置づけです。

c0170236_2348541.jpg



仕事をしている人はしているし、バカンスの人は普通に休暇を楽しんでいます。

元旦は祝日だけれど大晦日も2日も平日であれば普通の日。


あまりにも普通で

アレレ??って感じです。

ほとんど全ての行事はキリスト教の祝日が根っこにあるフランス。

対して季節の節目節目でキチンと区切りをつける日本。


やはり、私は一年の最後はキチンと終わらせて新しい年を迎えたい。

だから、キチンとご挨拶しないと、なんだか気持が悪いのです。



今年は、いろんな変化があった一年でした。

自分の弱さを嫌というほど感じたこれまでに無いストレスフルな一年でしたが、同時に沢山の人に助けられた一年でした。

一人で生きているんじゃないんだな〜。私は沢山の人に愛されているんだな。って嬉しく思うこともたくさん。

感謝。


とはいえ、現時点の私の成果にはまだまだ満足&納得できないのも事実。

来年は、もっと頑張って、自分に合格点があげれるようによりいっそう頑張らないとね!!




年の終わりに当り心より皆様のご多幸をお祈りいたします。

どうそ、よいお年をお迎えください。
[PR]
by catitude | 2011-12-31 00:11 | 日々のこと

私には権利がある。

先週のこと、

私は職安から紹介された就職支援コンサルタントとの面談を受けていました。

ちょうどその前の週にとあるアソーシエーションにフォーメションエントリーについての問い合わせのメールを送っていたのですが返事が無かったため電話をすることになりました。


何て事の無い問い合わせ。

「○○フォーメーションのセレクションを担当されている△△様、お願いします。」

「生憎、△△は昼休憩に出ております。」

「どなたか、他にお分かりになる方におつなぎ頂けませんでしょうか?」

「本日、この件が分かるのは△△だけです。14時頃帰社します。こちらから欠け直しましょうか?」

「いえ、私の方からかけ直します。ありがとうございました」


対面だったら問題なく話すことができるのに、電話だと、完璧にパニックです。本当に情けない。

声も小さ〜〜くなって、自信なんかひとかけらも無くなってしまう自分が嫌で嫌で。



隣にいたカウンセラーが(私がお願いして電話中も同室してもらっていました)

「大丈夫?電話、苦手??」

電話のフランス語がとても苦手な事を話すと、

「この電話の相手の立場はあなたの上でも下でもないのよ、あなたは『先週送ったメールが届いていますか?』って問い合わせをしているだけ、インフォメーションをもらおうとしているだけなんだから、もっと毅然としていなきゃ!!繰り返し言っているけれど、あなたのフランス語は仕事をする上で十分すぎるレベルなのよ。外国人のアクセントはあるけれど、

あなたにはアクセントのあるフランス語を話す権利があるのよ!!


と、たしなめられました。


権利

日本で何不自由無く暮らしていた時は自分の「権利」について考える必要がなかったように思います。


フランスに来てからは

滞在許可証はテンポラリー、

言葉が十分に話せない、

仕事をしていない、


→ 私には権利を主張する資格なんかない。


と、なんか心が縮こまっていました。

だから、知らない人と話をするのはとてもストレスだったし、上手に言いたいことが伝えられなかったり、同じ文法的なエラーを繰り返していることを彼から指摘されたりすると、もうそれだけで劣等感に苛まれ落ち込みまくっていました。



そうだよね、

私には自分のレベル以上のフランス語が話せない権利があるし

失業者ではあるけれど、出来る範囲内で自分の人生を楽しむ権利もある。

小さくなっている必要なんてどこにも無いんだ!!

と、目からウロコでした。


もちろん、人一倍頑張らなければいけないことに変わりはないけれど、

「私はココで皆と同じ権利をもって生きているのよ!何か文句でも?」

っていう毅然とした強さをもつことってとても大切なことなんですよね。(特に異国では)



そういえば、ここフランス、失業者も35日間のバカンスの権利があるんですよ!!

権利は人として生きて行く上でとても大切なものだけれど、行き過ぎた権利っていうのも問題ですね。。。ムズカシイ。
[PR]
by catitude | 2011-12-30 00:39 | 日々のこと

私を癒してくれるもの

11月に入り、冬時間になりました。

アンジェの街路樹も色を変えています。

c0170236_229579.jpg



フランスの紅葉は黄色や茶色が多いのですが、職安に向かう街路樹は赤が目立ち、なんだか得をした気分になります。


c0170236_2292230.jpg


先週末はハロウィンだったようですね。(←他人事)
日本にいた時も、盛り上がっているとは思えなかったけれど、フランスはさらに盛り上がりません。(基本的にアメリカ文化が嫌いなフランス人。でもiPhonは大好き)

私はアメリカンキッズではないのでお菓子が貰えなくてもいたずらしたりはしませんが、

友人が送ってくれたお菓子には大興奮。

その名も、

『名古屋ふらんす』

c0170236_2294075.jpg


名古屋名物小倉トーストとフレンチパティスリーの融合。

この手のお菓子って、クオリティーが高くないことが多いのですが(特に洋菓子の部分)
これは、かなり美味しくて、

フランス人達も大喜びで食べていました。

他にも、いろいろ日本を感じる食材がお楽しみ袋のように入っていて

c0170236_2292915.jpg


なんかギスギスしていた心に優しくしみいりました。

ありがとう〜〜♡


なかなか思うように行かないことが多い今日この頃

「なんて私は不運なの〜。」

「どうして、彼は私に厳しくあたるんだろう。。」

「フランス語なんてどんなに頑張ったって上手になんてならないんじゃないの!!」

と、ネガティブ感情が心にどっしり巣くってしまって、全然前向きにならないばかりか、

彼に対する不満をあからさまに示してしまって→当然二人の雰囲気も悪くなって→彼も私に対して優しさを示しにくくなってしまって→なんか悲しくなってしまって→さらに前向きな気持にならない。

という、完璧な負のスパイラルに落ち込んでいました。

私も辛いけれど、彼だってしんどい。

でも、ふと、日本で応援してくれる友人や家族からの優しさに触れると、不思議なくらい自分を取り戻すことが出来て。

とても助かりました。



加えて、先週末は5日間ブルターニュへ里帰りし、ゆっくり海を見て過ごしていたら、

c0170236_2294599.jpg



ちっぽけなことにクヨクヨ、重箱の隅をつつくように彼の気が利かない所を非難していた自分を深く反省するに至りました。

c0170236_2294512.jpg


潮が勢い良く引いては満るブルターニュの海は、静かに私を諭してくれます。

そして、気前よく素敵な素敵なお土産も持たせてくれました。

あわびとか
(※注意:違法ではありません。ただし、捕獲数量は限度があり、小さい物はリリースしなければなりません)

c0170236_22545761.jpg


エビとか
c0170236_22545780.jpg


カニとか
c0170236_2255071.jpg


牡蠣とか
c0170236_2255571.jpg


写真はないけれどムールとか。

毎日毎日、一日中

釣り→下処理→調理→食事

という、食べることしか考えなかったこの週末。

あらためて、彼の食に対する限りないパッションを感じた週末でもありました。
[PR]
by catitude | 2011-11-03 23:05 | 日々のこと

物思う秋

秋をすっとばして冬の気配が漂うフランス。

大好きな夏が終わった寂しさはもちろんあるのですが、

なんか

ほ〜〜〜〜っ

っとしてしまうのはどうしてだろう?

ごちそうをたんまり食べた後、

コーヒーを飲みながら一服する至極のひと時のような

幸せをこの季節に感じるのは、

私だけだろうか?

c0170236_17592147.jpg



タバコを吸わなくなって3年近く経つのですが、

最近、ストレスがたまっているのか

時々、一服したくなります。

しかし、、、

タバコの値段。。。

シャンプーより高いじゃん!!!

ってことで、

簡単に断念できてしまう程度の欲求なので、このまま清い身のまますごせそうです。


c0170236_17592331.jpg



ストレス、、、

溜まってます。

何が原因って、

就職活動

CV(履歴書)や志願動機書(モチベーションレター)を書くだけでも、いちいち時間がかかるし、

求人情報をみても、

フランスってベビーシッターとかレストランのウエィトレスみたいな簡単な仕事でも何らかのディプロムが要求されることが多いので、

ふらっとフランスに来た私のような外国人には第一ステップから厳しさに直面なのです。


昨日、pole emploi(日本でいうハローワーク)のカウンセラーとの面談が予定されていたので行ってきました。

が、

やはり経験なし、ディプロマ無しだとハロワークで扱う求人でヒットするものは少なく、、、

「う===ん」

と、カウンセラーと二人頭を抱えてしまった次第。

何かのフォーメーションを受けれれば、、とも思ったのですが、

その「何か」がはっきりしない以上、紹介することも出来ないとのこと。

いくつか、ハードルの低そうな求人を紹介してもらい、帰ってきました。


やはり、厳しいのですが、

難しさが分かること

自分の問題を突きつけられて悩むことって、

前進している証拠なんだと思います。

そう、思わなければしんどくって心が折れます。



彼とのアンジェ生活、通算1年。

「一年経ってるのに、仕事の一つも見つけられない」

という見方も出来るけれど、(←時々、彼に言われ激しく凹む一言)


その一年、

最初の3ヶ月は

彼との生活のお試し期間

次の4ヶ月は

フランス生活を念頭に置いた語学習得期間と結婚準備期間

そして

結婚後は各種手続きに費やされ、

就職活動を始めたのがこの2ヶ月。

と、思えば


もの凄く順調じゃん(・∀・)


しかも、神経使っているせいか、体重戻りつつあるし、

一石二鳥 (・∀・)


ポジティヴに前進するのみ。

一歩一歩です。

小さな仕事を見つけながら、自分のキャリアプランを考えて行かなければなりません。

簡単ではないけれど、

「キャリアに関してはゼロスタートの私にはなにも失う物なんてないのだから!!」

c0170236_18425731.jpg

[PR]
by catitude | 2011-10-25 18:45 | 日々のこと
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31