大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たまには

たまには

自分の好きな食材を選び

自分の好きなように料理し、

自分の為だけの食事をしよう。


c0170236_213847100.jpg






炊きたてのご飯にインスタントだけれどお味噌汁。

ここ数週間、市場に行くたび気になっていた新タマネギ。

そして韓国人の元クラスメートから貰ったキムチ。



あぁ、私はこういうシンプルな食事をしたかったんだな〜。

そんな事を思ったら涙が出て来た。



なんだか、最近、とてもとても疲れていて。

激しくホームシックで。


同僚のベトナム人の子(ダンナさんフランス人+子供2人)が経済的には我家より厳しいのに、

節約して、フランス国内旅行に行く事もなく、その分の全てを2年に一度の帰省に回す。

という話しを聞いて


あ〜、ダメダメ、他と比べちゃ、

我家は我家なんだから。

って自分を言い聞かせても

自制が効かなくなっちゃって、



肉の無い食事を

ふりかけをかけないご飯を(笑)

薄味の日本食を美味しいと感じない。

生ハムメロンにすらバターをつけたがる相方。


「来年は日本に行こうね」なんて言いながら、その為に節約する気もなく、

「暖かい所に行きたい」という私の意見を思いっきり聞き流し、来月の夏休みはブルターニュの北端(寒い)で釣りをする事を勝手に計画している相方。


こんな、いつもならネタにしてしまう程度の彼の突っ込みどころが

絶望的なほど許しがたい欠点として私のなかで肥大化し、爆発しそう。


なので、今週末は彼一人でサンローランに行ってもらいました。


日曜に夜、彼が帰って来た時には笑顔で迎えられるように。

結婚記念日を「ありがとう」の気持で迎えられるように。

今日はちょっとだけ泣いて、

ゆっくり休もう。


そして、明日は彼の好物を作って帰りを待とう。















キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-06-23 22:08 | 日々のこと

面白いものを見つけました パート2

先日ご紹介した「初恋の人からの手紙」と同じサイトに

「一年目の手紙」っていうのもありました。

結婚してからあと2週間で1年になるので

「あっ、タイムリー♬」

ってことでやってみました。


そしたらこんな手紙が届きました001.gif

今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、今日ぐらいは真面目に思ったことを伝えるよ。

さて、何から書こうかな。
あー、前から思ってたんだけどさ、catitudeって「安い下着屋みつけた!」とか言うと必ず次に会うときかゆそうだよな…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか…。この話はナシ(笑)。

そうそう、最近思うんだけど、catitudeってすぐ「束縛とかのない自由な付き合いにしよう」とか言うよね。そういう考えはいいと思うんだけど、おれが同意していないのに自由すぎる気がする。catitudeは結構モテるし、そのあたりは心配なんだよね、ぶっちゃけ。
catitudeが浮気しそうなタイプには思わないけど、少し自由さを抑えておれに気を遣ってくれたらありがたいなぁと思う…。

catitudeって、精神的にはかなり成熟していて、それでいて無邪気で、その両面を併せ持ってるってすごいと思う。ただ、そうだからこそ、catitudeは男から人気があるし自分だけのものではない気がいつもしてる。
まぁこんな風にうだうだと言っていると、catitudeは全然こんなこと気にしていなかったりして、はるかにおれより自由だから、空回りで終わることがほとんどなんだけどさ。
なんだかなぁ…。男なのに全然リードしてないな、おれ。

…って結局は文句ばっかり言ってる自分…。
もっと前向きなこと書くね。記念日だってことを忘れてた。

ここまでひどいことを書いてきたけど、なんだかんだ言って、おれはcatitudeに感謝してるんだ。
おれは性格がキツイし人に優しくないから、catitudeみたいな性格がまるで仏様に思えたし、正反対の人間だと思った。いろいろと批判したりしてしまうけど、catitudeの理解があって人に優しいところは、おれは大好きなんだよね。そこは変わってほしくない。

catitudeが言っていた「喧嘩とかをしても、そのたびに乗り越えて絆を強くしていこうね」っていうセリフをおれは今でもしっかり心に刻んでいるから、忘れかけていた気持ちを再確認しながら、これからも一緒に歩んでいきたいと思う。catitudeもあのころの気持ちをそのまま持っていてくれたら嬉しいよ。

これからもすれ違いとかあると思うけど、この一年間のように、理解を深めて乗り越えていこう。あ、それと、いちいち料理つくるときに「どちらかの餃子には睡眠薬」とかゲーム性もたせるのやめてくれ…。せめてワサビとかにしてくれ…。

では、これからも末永くよろしく。catitudeがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.誕生日にあげたバッグをオークションで売って、叙々苑に行ったらしいな。


笑えます〜〜!!


>>catitudeってすぐ「束縛とかのない自由な付き合いにしよう」とか言うよね

出た!!「LOVE自由」宣言!!(笑)「初恋の人からの手紙」の内容と一貫してるのが面白い!

>>おれは性格がキツイし人に優しくないから、catitudeみたいな性格がまるで仏様に思えたし、正反対の人間だと思った。いろいろと批判したりしてしまうけど、catitudeの理解があって人に優しいところは、おれは大好きなんだよね。

これ、まさに現在彼からよく言われます。

ポジティブな時もあれば、「理解がありすぎて優しすぎる、そんなんじゃ勝てない!」って超ネガティブに取られる事も。(彼はホントに批判が多くてムカつくわ!033.gif←全然仏様ではないですね。。。)

お国柄の違いでしょうか。。

>>「喧嘩とかをしても、そのたびに乗り越えて絆を強くしていこうね」

常日頃思っていることです。

以前はそれほどでも無かったのですが、結婚してからかな、よくこんな感じの事を言うようになりました。

>>誕生日にあげたバッグをオークションで売って、叙々苑に行ったらしいな

って、物への執着がないって所から来てるんだろうけれど、貰った物は気持が入っているので大切にする質です!!

でも、日本の美味しい焼き肉食べた〜〜い!!



キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-06-11 20:44 | 日々のこと

面白いものを見つけました。

日常がオールフランス語なのにまったくフランス語に進歩が見られないのはネットで日本語に浸っているのが原因なのでは。。。と思い始めていますが、

さすがに日本語との接触をゼロにするストイックさは私にはないし、そこまでする必要も感じないのでやりすぎない程度にネットサーフィンをしています。


ってなわけで、サイトをイロイロ巡り歩いていたら面白いサイトを見つけました。

「初恋の人からの手紙」

というページでいわゆる恋愛診断的な物です。

いくつかの質問に答えると「初恋の人から私に宛てて書かれた手紙」とやらが現れます。

これが結構笑えます。


私に送られて来た手紙はこんな感じ。


catitude、ひさしぶり。
もうモテる女性を「下品な女」と罵るクセは治りましたか?毎日のように言っていたcatitudeをなつかしく思います。

喧嘩が増えてきて、catitudeが「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日から、もうXX年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

今振り返って考えてみると、あのころのcatitudeは、穏やかでかわいい雰囲気をかもしだしていたわりに自由人で手に負えなかったのを覚えています。天真爛漫でおれにも優しかったけれど、どうも自分だけのものにならないような歯がゆさをいつも感じていました。「あっさりした恋愛が理想だよね」ってcatitudeに押し付けられたときには、なんとも言えない切なさがありました。

確かあのとき、catitudeにとってはおれが初彼氏だったかな?そうだったからか、最初のころのcatitudeは自信なさげでしたね。「私左側を歩いたほうがいい?」「手より腕を掴んだほうがいい?」とか聞いてきて、少し面倒でした(笑)

付き合い始めのころは、勢い余って、catitudeが「いつか結婚してもいいけど」とか言っていましたね。言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。後先考えずにそういうことが言えてしまうところもcatitudeらしいですね。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはcatitudeと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなcatitudeと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはcatitudeのことがそれでも好きでした。これからもcatitudeらしくいられるよう、それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 老人のニオイが好きって言ってましたね。今でもそうですか?




>>モテる女性を「下品な女」と罵るクセ

ののしるという事は無かったと思うけれど、媚びる系の女性を下品だと考える傾向は確かにある!!

>>「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日、、、

これ、現在よく言っている気がする(コラっ!)

>>「あっさりした恋愛が理想だよね」ってcatitudeに押し付けられた、、

「結婚するなら週末婚が理想」って長い事思ってたし、言ってた気がする(汗)

>>いつもどこかにいってしまいそう

言われた事、何度かあります。
「フワフワして安定感が無い」という意味ではなく「執着心が無さ過ぎてサクッとポイされそう」という意味でした。


>>ゴキブリを素手で殺すのはやめて

って殺さないし!!

でも「キャー!!」って逃げたりはせず果敢に戦いに挑みますが(笑)



当ってるようなそうでないような

でも、ちょっと楽しかったからご紹介^^

お暇でしたら試してみてください^^

キンセール
旅行口コミ情報
[PR]
by catitude | 2012-06-10 04:41 | 日々のこと
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30