大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良いお年をお迎えください

フランスではノエルのインパクトが強烈すぎるせいか、新年は「ノエルとひとくくりのバカンス期間の最後」程度の位置づけです。

c0170236_2348541.jpg



仕事をしている人はしているし、バカンスの人は普通に休暇を楽しんでいます。

元旦は祝日だけれど大晦日も2日も平日であれば普通の日。


あまりにも普通で

アレレ??って感じです。

ほとんど全ての行事はキリスト教の祝日が根っこにあるフランス。

対して季節の節目節目でキチンと区切りをつける日本。


やはり、私は一年の最後はキチンと終わらせて新しい年を迎えたい。

だから、キチンとご挨拶しないと、なんだか気持が悪いのです。



今年は、いろんな変化があった一年でした。

自分の弱さを嫌というほど感じたこれまでに無いストレスフルな一年でしたが、同時に沢山の人に助けられた一年でした。

一人で生きているんじゃないんだな〜。私は沢山の人に愛されているんだな。って嬉しく思うこともたくさん。

感謝。


とはいえ、現時点の私の成果にはまだまだ満足&納得できないのも事実。

来年は、もっと頑張って、自分に合格点があげれるようによりいっそう頑張らないとね!!




年の終わりに当り心より皆様のご多幸をお祈りいたします。

どうそ、よいお年をお迎えください。
[PR]
by catitude | 2011-12-31 00:11 | 日々のこと

私には権利がある。

先週のこと、

私は職安から紹介された就職支援コンサルタントとの面談を受けていました。

ちょうどその前の週にとあるアソーシエーションにフォーメションエントリーについての問い合わせのメールを送っていたのですが返事が無かったため電話をすることになりました。


何て事の無い問い合わせ。

「○○フォーメーションのセレクションを担当されている△△様、お願いします。」

「生憎、△△は昼休憩に出ております。」

「どなたか、他にお分かりになる方におつなぎ頂けませんでしょうか?」

「本日、この件が分かるのは△△だけです。14時頃帰社します。こちらから欠け直しましょうか?」

「いえ、私の方からかけ直します。ありがとうございました」


対面だったら問題なく話すことができるのに、電話だと、完璧にパニックです。本当に情けない。

声も小さ〜〜くなって、自信なんかひとかけらも無くなってしまう自分が嫌で嫌で。



隣にいたカウンセラーが(私がお願いして電話中も同室してもらっていました)

「大丈夫?電話、苦手??」

電話のフランス語がとても苦手な事を話すと、

「この電話の相手の立場はあなたの上でも下でもないのよ、あなたは『先週送ったメールが届いていますか?』って問い合わせをしているだけ、インフォメーションをもらおうとしているだけなんだから、もっと毅然としていなきゃ!!繰り返し言っているけれど、あなたのフランス語は仕事をする上で十分すぎるレベルなのよ。外国人のアクセントはあるけれど、

あなたにはアクセントのあるフランス語を話す権利があるのよ!!


と、たしなめられました。


権利

日本で何不自由無く暮らしていた時は自分の「権利」について考える必要がなかったように思います。


フランスに来てからは

滞在許可証はテンポラリー、

言葉が十分に話せない、

仕事をしていない、


→ 私には権利を主張する資格なんかない。


と、なんか心が縮こまっていました。

だから、知らない人と話をするのはとてもストレスだったし、上手に言いたいことが伝えられなかったり、同じ文法的なエラーを繰り返していることを彼から指摘されたりすると、もうそれだけで劣等感に苛まれ落ち込みまくっていました。



そうだよね、

私には自分のレベル以上のフランス語が話せない権利があるし

失業者ではあるけれど、出来る範囲内で自分の人生を楽しむ権利もある。

小さくなっている必要なんてどこにも無いんだ!!

と、目からウロコでした。


もちろん、人一倍頑張らなければいけないことに変わりはないけれど、

「私はココで皆と同じ権利をもって生きているのよ!何か文句でも?」

っていう毅然とした強さをもつことってとても大切なことなんですよね。(特に異国では)



そういえば、ここフランス、失業者も35日間のバカンスの権利があるんですよ!!

権利は人として生きて行く上でとても大切なものだけれど、行き過ぎた権利っていうのも問題ですね。。。ムズカシイ。
[PR]
by catitude | 2011-12-30 00:39 | 日々のこと

もう12月

もう12月。

今年はあまりにも生活が変わりすぎて、あれよあれよという間に過ぎた一年。

日本で積み上げて来たものが価値を無くし、

言葉も生活スタイルも一から始めることの楽しさと辛さそして焦り。

さらには遠くなれた母国で起こった大災害。

心臓がよじれてしまいそうなくらい辛いのに、フランス人達の悪気は無いけれど無神経な一言に涙が止まらなることも。

言葉だけでは伝えきれない微妙な文化的感覚の違い、さらにはその言葉さえも十分でない事から来る勘違いやすれ違いによるストレス。

それでも、今、ここにいることに満足している私がいるのは、

日本で培った物がまったく意味が無かったのではなく、むしろその逆で日本での経験はこちらで生きる上での自信となっているし、日本の家族や友人は心の支えになっている。

さらにはフランスで出会った人々、学んだことが少しずつ私の中で消化され私がフランスで暮らす土台となってくれているということなのだと思います。


人生はラクチンでは無いけれど、美しい。

そんなふうに思う今日この頃です。




アンジェの街もクリスマスムードが満載です。

c0170236_20353635.jpg


寒くて曇り空が多いフランスの冬。

ともすれば陰鬱になりがちですが、こうして気合いを入れて彩りを加えてくれると一気に楽しい雰囲気が満載になるから不思議です。

c0170236_20353088.jpg



クリスマスギフトを物色しながら、街を彷徨うのが楽しい季節です。
[PR]
by catitude | 2011-12-13 21:10 | 日々のこと

冬の風物詩

クリスマスシーズンまっただ中。

アンジェも先週からイルミネーションが点灯し、広場に設置されたクリスマスマーケットが営業を始めました。

クリスマスマーケットはもともとアルザス地方のものなのですが、

今やどこの街でも見かけます。

これは、先週訪れたNANTES(ナント)のものです。

c0170236_8464948.jpg


ホットワイン(vin chaud)を販売しているスタンド。
アルザスらしい銅製の鍋に入っていました。そしてアルザスのお菓子プレッツェル(Bretzel)も売られていました。

ホットワインもアルザスのクリスマスマーケットで販売されたのが始まりと聞いたことがあります。
今や、冬のカフェの定番メニュー。(店によって当たり外れが大きい。)


日本での石焼き芋の誘惑に負けずと劣らない

焼き栗(marron chaud)
c0170236_8465629.jpg


マロングラッセ(marrons glacés) もこの焼きぐり(marron chaud)も英語と同じマロンというボキャブラリーを使うのですが、
一般にフランスでマロンというとマロニエの実のことで栗とは別物。食べれません。

英語のマロン、日本語の栗にあたるフランス語はchâtaigne(シャテーンヌ)で、マロングラッセもマロンショーもそこに使われているのはmarronではなくchâtaigne.....

間違えようものなら、自然が大好き、食べ物大好きの彼から

「この葉っぱと実がマロン、この葉っぱと実がシャテーンヌ!!!」

と、森に連れていかれ厳しい教育的指導を受けるハメになります。


「じゃぁ、なんでマロングラッセはシャテーテンヌグラッセって言わないのよ?」

なんて聞いても納得いく答えが得られることはなさそうなので心に閉まっておきましたが023.gif


ナントはアンジェより全然大きな街なのですが、私はどちらかというと苦手な街です。

人が沢山いて活気があるのは確かですが、大都市、そして大きな港のある街独特の雑多で危うい空気があってまったく落ち着かないのです。

でも、唯一好きなのは

Passage Pommeraye という19世紀に作られたショッピングアーケード。

ガラスと鉄の建築ってこの時代大流行のトップモードだったのでしょうね〜。

c0170236_847147.jpg


パリでもパッサージュは好きな空間。

一瞬タイムスリップしたのかと錯覚してしまうような不思議な雰囲気。
パリの喧噪が嘘のようにシンっと静まった、古き良き時代のノスタルジー満載の所です。

ナントのこのパッサージュはパリのそれに比べると光が溢れていて人も多くノスタルジックとはまたちょっと違うのですが、ケバブショップやファーストフード店が多くある界隈にも関わらず、客層がシックで(お店もシック)やはり古き良きなんです。

c0170236_847018.jpg


すっかりクリスマス使用になっていました。
[PR]
by catitude | 2011-12-04 10:10 | 日々のこと
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31