大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

再びブルターニュ PONT-AVEN での週末①

先々週に引き続き、先週末もブルターニュに遊びに行ってきました。

片道3時間(約300キロ)のドライブは体にドッカリとした疲れを残し、本日は体が鉛のようだけれど、信じられないくらいの晴天に恵まれとってもいい週末でした。

今回はPONT-AVENという港町のお祭りに参加するのが目的です。

この町は彼のパパが定年後に移り住んだ所で(以前はセカンドハウスとして使ってた)、私にとっては何度も訪れているなじみの町。

このPONT-AVENの港に停泊しているアンティークの帆船 La Belle Angers のお祭り。
今年は記念すべき祭り開催10周年だそうです。
c0170236_012561.jpg



この日は他の港からアンティークの帆船が次々と港にやってきます。
c0170236_011362.jpg

c0170236_0131845.jpg


港にはムール貝やソーセージ、クレープなどのスタンド、バー、音楽ステージが設置され大盛況!
c0170236_0174943.jpg

c0170236_0222922.jpg

c0170236_0353967.jpg


音楽はもちろんブルターニュミュージック!

コーラスあり、伝統楽器での演奏、現代楽器での演奏、などなど、


c0170236_0211032.jpg

全部ボランティアによって運営されています。

彼はバーでお手伝い。

私は音楽隊の即席団員060.gifとして参加。(右端に私います!恥ずかしいので写真ちっちゃめです)


私たちの音楽に会わせてブルターニュダンスが踊られます。

070.gif  070.gif  070.gif

このダンス、以前にクラスを受けたことがあるけれど、たくさんバラエティーがあって、丸くなって皆で踊るもの、ワルツのように二人で踊るもの、2列に並んで順番にパートナーを変えて踊るもの、いろいろあって面白いのですが、簡単そうに見えて、リズムが独特でけっこう難しい。

c0170236_026299.jpg


この民族衣装、とってもかわいいんです。001.gif
刺繍とレースは町によってそれぞれ違っていて、写真はもちろんPont-Avenのものです。

c0170236_0322538.jpg

c0170236_0331522.jpg

c0170236_0342952.jpg



ボランティアっていっても結構自由で、時間があれば散策も楽しめるしお酒だって飲めちゃう。069.gif

船ではアペリティフが振る舞われていて、もちろんちょっとだけ頂きました。
c0170236_0413548.jpg


祭りは続き、日が暮れて
c0170236_04312.jpg


明かりがともった港もなかなかいい感じ。

11時(遅っ!!)には花火が打ち上げられ、フィナーレ056.gif、、、かと思いきや、、

食堂の営業はココまでという意味での一段落といったおもむきでした。

その後はバーの周りに人垣、ステージの周りに踊りを楽しむ集団(かなりの数)祭りは3時近くまで続くのです。048.gif
[PR]
by catitude | 2010-08-31 00:49 | 日々のこと

映画と現実と

8月末で期限切れの映画のチケットがあったので昨晩、久しぶりの映画館に行ってきました

どんより天気が続いているのと、先週末のなれない船旅の疲れを引きずっているのか気分がパッとしていなかったので、頭を使わなくていい、気軽に楽しめる、字幕が無くても内容理解に苦しまない、自分でお金を払うなら行かないであろう デートにうってつけのハリウッド系アクション

c0170236_20544115.jpg

『NIGHT AND DAY』 

を観に行く予定だったのですが(月曜に映画館のサイトで確認、トレーラーをみたら面白そうだったので)


シアターに行ってみたら、、、、

き、昨日まで!!

(日本では10月公開だからその気になれば日本で見れるけど。。。)


フランスでは水曜が新しい映画の封切り日らしいです。

知らなかった///

まぁ、だからといって悔いが残るほど楽しみにしていた訳でもないので、さっさと別の映画を選び直しました。シネコンってこんなとき便利ですね。

また日本はどうかと言われるとあまり記憶が無いのだけれど、こちらのシネコンはたいていの映画が19h30〜20h00 の間にスタートするスケジューリングをしているようで代替えを選ぶのにも助かりました。

で、実際昨日見た映画は
c0170236_21864.jpg

『L'ARBRE』

(英語タイトルは「the tree」 仏タイトルはその直訳)


実はちょっと気になっていたけれど、地味かな?と思って候補にはしていなかったの。

感想は、とってもよかった! 見終わった瞬間、『night and day 昨日まででホントよかった!』って感謝したくらい。


「night and day」を見ていないのでフェアな意見では無いけれど、、、

繊細て丁寧な感情の描写、心にしみる美しい音楽、シャルロット.ゲンズブールはもちろん子役達の素晴らしい演技、そしてオーストラリアの素朴でダイナミックな美しい風景。



私はこういう映画の方が断然好き



常よりアフリカや南米でのシンプルライフ(私に言わせれば野生生活)を送る夢を語る彼はオーストラリアの風景が衝撃的だったのか、今朝までズーっと


『数年したら絶対オーストラリアに移住する。ダメなら南米』っと本気でしつこく言っていたので(←単純)、最近になってやっとビザのコトやら滞在許可のコトやら悩み始めた私はかなりイライラ。。。


プチーっ!!033.gifって久しぶりにキレちゃいました。

『それはとっても結構なことだけれど、その前に解決すべき現実的な問題を話し合うべきでしょ!、県庁にだって金曜の定休(2週間に一度金曜定休の勤務)の時に一緒に行くって約束しているのに、毎回遊ぶ予定ばっかりギッチギチに入れちゃって。あと少ししたら私、日本に戻るんだよ!分かってんの?自分の誕生日一人で祝う気?(彼の誕生日は12月中旬)、ビザがおりないとそうなっちゃうんだよ!!いいの??』


怒っている時は思った以上にすらすらと言葉が口から出ることに最近気がついてきました。。(もちろん間違いだらけだけど)


彼は私をなだめるのに時間がかかってしまい、仕事大遅刻間違いなしの時間に出勤。

しかも午前中仕事そっちのけで県庁に電話したり、学校に問い合わせをしたりと頼んでもいないのに(っていうか仕事しようよ!)動き出し、時々電話をかけてきては私の機嫌伺いをする彼。


ちょっとビビらせすぎたかも///ごめんね。。。(ちと反省) 
[PR]
by catitude | 2010-08-26 22:07 | 日々のこと

ブルターニュの海へ その2

今回訪れたのはフランスのグレナン諸島 (Îles des Glénan)

コンカルノーという街(←昨年12月に訪れた時の記事はこちら)から夏場だけですが観光定期船が出ているので持ち船がなくても訪れることができます。


ちいさな島なので散策に時間はかかりません。
c0170236_17585370.jpg


ウサギの穴に足を取られないように注意しながら島の周囲を散策。
c0170236_182619.jpg


気がむけば白砂のビーチにおりて貝殻を探してみたり(とにかくやることが少ないので普段ではやらないような素朴な行動をしてしまうみたい001.gif

c0170236_184450.jpg



観光船の最終便が出てしまった後は船で来た人たちがそれぞれの船で過ごします。

ゆっくりとアペリテリティフを飲みながら夕暮れとともに色を変える空と海を堪能。069.gif
c0170236_187590.jpg



ずーっと薄曇りでしたが1日目の夜は雲が退き月があたりを照らしてくれました。(二日目は霧がでて日没時なんて今にも海賊が出てきそうな様子でした。もちろん夜は真っ暗闇)
c0170236_18125992.jpg


時折、他の船から人の語らう声や笑い声が聞こえてくる他は波の音しか聞こえてこない静かな夜。

ゆりかごのように穏やかに揺れる船はゆっくりそして程よく飲んだワインとの相乗効果で、気持ちのいい眠気を誘い、横になったと同時に眠りの落ちてしまいました。



おまけ001.gif

このグレナン諸島はアルセーヌ・ルパン シリーズの『三十棺桶島』(さんじゅうかんおけじま)
の舞台とされています。

中学生の頃、怪盗ルパンシリーズと名探偵ポワロシリーズ、金田一耕助シリーズを愛読していた私(江戸川乱歩は小学生で卒業)

怪盗ルパンといえば鮮やかで華麗な怪盗劇のイメージだけれど、この作品は『アレっ?これって同じ怪盗ルパンのお話?』て思ったのを覚えています。

ブルターニュの閉鎖的な家族、不思議な宗教色、ドロドロしていて、残忍で。。。
フランス版『獄門島』(←wikiで調べてみたら、逆でした。008.gif 横溝正史が『三十棺桶島』の影響を受けたという説が強いようです)


そういえば名探偵シリーズ、同時期に集中して読んでいたので、ウン十年経った今、すべてのストーリが一緒くたになっている。。。

読み返すと面白いだろうな〜。
[PR]
by catitude | 2010-08-24 18:45 |

ブルターニュの海へ その1

先週末は奇跡の晴天、高気温に恵まれたフランス。

058.gif  058.gif  058.gif  058.gif  058.gif


054.gifブルターニュ以外は054.gif


非常に、非常〜〜〜!に残念な天気でしたが、
以前から計画していた2泊3日の小旅行に行ってきました。


向かったのは。。。。

ブルターニュの小さな島。

白い砂浜、水温は低いけれど(17度だった。ちなみに気温19度、日本の半分。。。)透き通った海。

c0170236_2131758.jpg


曇った空がブルターニュらしいといえばらしいけれど。。

やはり海は癒される。。。特に人でごった返していないこんな海は



060.gif  060.gif  060.gif

今回は船の旅。

私、彼、彼の弟とその息子、そして船の持ち主である彼のパパの5人が乗り込み、食料と水を積みこんで出発。船で寝泊まりです。

c0170236_21441711.jpg


船に乗り込み川を下ります。

途中、『お金持ちが買い取って別荘にしています』って香りただよう素敵なシャトーが点在。
c0170236_21465921.jpg


30分もすると大西洋です。

c0170236_21491447.jpg



この日、海は凪いでいてあまり揺れることなく快適に進みました。


帆船って潮の流れと風まかせだから、時間を気にすること無く心静かに時間が流れていきます。(もちろん進路はきちんと確認して舵取りはしています。でないと遭難しちゃう)



釣りをする人(サバがたくさん釣れました!久しぶりの新鮮なお魚、、、c'est bon!011.gif

c0170236_21565863.jpg


音楽を楽しむ人

c0170236_2158734.jpg


デッキでうたた寝する人(←私)船の揺れって眠気をさそうんですよね〜。

それぞれが好きなことをして過ごす時間。なんて平和で幸せなんだろう。


日本でクルージングっていうと『お金持ちの道楽。セレブの証。』ってなイメージだけれど、フランスはもっと普通に気軽に楽しんでいる感じがします。


もちろん、停泊しているヨットは小さいものからゴージャスなものまで様々だけれど、船が好きで海が好きって人たちが同じ空間に存在しているっていうシンプルな感じ。


ドンペリにキャビアではなく、パスティスにクラッカーが似合う自然体の楽しみ方が私はとってもいいなって思います。


明日に続く///
[PR]
by catitude | 2010-08-23 22:22 |

大きな気持ちで散歩を楽しむ

058.gif朝、コーヒーを飲まないと目が覚めない。

058.gif朝、熱いシャワーを浴びないとシャキッとしない。

058.gif前髪のスタイルが納得いかないと外出する気にならない。

058.gif化粧をしないとエンジンがかからない。



などなど、などなど。。。



自分スイッチっていろいろあるけれど、フランスにきてから仕事も学校も友人とのランチもないせいか最近、今ひとつスイッチの効きが悪い。


もともとお家大好き♪なので引きこもりはお手の物なんだけれど、『本日、言葉を交わしたのは彼一人。だった』という状態はやはりよくない。ボンジュールだけでも、メルシーだけでも良いから誰かとコミュニケーションをとらなければダメよねー。

な〜んて思っていたら玄関のチャイムが。



なかなか届かない書籍類と冬服が入った荷物が来た〜〜〜!待ってたわ〜〜!!016.gif


って思って階段を駆け下りて扉を開くと

そこには優しい微笑みを浮かべたムッシューとマドモワゼル。

日本ならともかくフランスで初対面の他人にしょっぱなから微笑みかける人なんて絶滅種。。。っていうかあり得ない。

何何なに〜〜??



宗教の勧誘でした。015.gif

もちろん丁重にお断りしました。そこまで孤独に苛まれていないもの!!

誰かと話す目標は図らずもお出かけするコトなしにクリア003.gif


なんて言っていてはダメダメ!!って自分にムチを入れ

スイッチを入れるべく久しぶりにファンデーションを塗ってみたら。。。。。

もの凄くノリがいい!!!070.gif070.gif

一人テンションがあがる私。この喜び伝える相手がいないのが(男性には無理でしょ?)残念だけど、別に良いもんね♪


にっこにこで散歩に出かけました。

城壁に沿って歩くと

Le Bout Du Monde (直訳:世界の端っこ) というなかなか粋な名前の突き当たりに行き着きます。

ここからメーヌ川対岸の景色を見ながら散歩コースを練るのが定番。

c0170236_1855734.jpg


こんなもの発見。

さて、なーに?

c0170236_193449.jpg


ヒント1034.gif、この場所は対岸のパノラマが楽しめる所

ヒント2034.gif、一つだけではなく複数同じものがあります。

ヒント3034.gif、半円の上方にある切り込みがミソ


日本にもあるのかな〜? 分かりましたか?



答え

対岸にある歴史的建造物、観光スポットを見る為のトリック。

したのプレートには建物の名称が書かれています。

覗くとこんな風に見えます。

c0170236_2014142.jpg


なかなか分かりやすくていいんじゃない!!

かゆい所に手が届く035.gif

1つで複数の機能を備える商品が当たり前035.gif

小さくても高性能。035.gif


といったものが実はとってもすごいことだったんだ〜〜。って日本製品の優秀さを噛み締めるフランスでの生活。。こんなものでさえ、

『フランス人もなかなかやるな〜!』って、ほどよく感心。(注:決してフランス製品を見下している訳ではないですよ!)

そういえば、ブローをしなくなったせいか、髪の毛の調子もいい気ということにも気がついてさらにご機嫌070.gif。寛大な気持ちになっていたのかもね^^




映画館の前をなにげに通ったら
c0170236_2049306.jpg


トニー.ガリフ『Liberte』 のポスター。

み、み、み、見たい〜〜!!053.gif

帰ってネットで調べたら、もう、終わってた。。。(泣)

でも、この映画館は名画系の映画に結構力が入っていることが分かってたので、こまめにサイトをチェックすることにします。しかも5枚綴りの券25ユーロって1枚5ユーロ(700円弱)。

安い〜〜!!

多少不便でも、こういった所、フランスの素敵な所です。




週末のANGERSはお天気がよく気温も上がるようです。最後の夏を満喫071.gif!!のはずだったけれど

明日からブルターニュ。しかも天気予報はずーっと雨。。。057.gif

でも、1ヶ月ぶりブルターニュ、楽しみです。
[PR]
by catitude | 2010-08-19 21:23 | 日々のこと

祝 (たぶん)完治!

私の妹はめっぽう痛みに強い女。066.gif

どのくらい強いかというと///

例1 

 OL時代かなり重度の巻爪(この言葉だけでも私はNG)だった彼女。さすがに痛いな〜。ってことで病院に行った。

病院の先生 c0170236_1713535.jpg


『ここまでどうやってみえたんですか?』


妹     c0170236_17144971.jpg

『地下鉄と徒歩です。』


病院の先生 c0170236_17154247.jpg

『!!!歩けたんですか?? 普通ならいたくて歩けない状態ですよ!!』



妹     c0170236_17161662.jpg

『少々は痛いですが、支障はありませんでしたよ〜』




妹は病院で『普通なら、痛くて××できないですよ!』とよく言われるらしく、『普通ってなによ!失礼よね〜。』って憤慨しているけれど、明らかにおかしいのは、、、(以下自粛)


例2

初出産の時

実家で朝食をとりながら

妹 『シクっとする』 (といいながら朝食を食べ続ける。)

数分後。。。。

妹 『また、シクっとする。おなか冷やしたかな?』 (といいながら牛乳おかわり)

数分後

妹 『まただ、もしかして陣痛だったりして=(笑) もう一つオレンジ食べようかな〜。』

一同 

!!!!(家族皆彼女が痛みに強いことは知っていたが、さすがに出産は人並みに痛がると甘く見ていた)

071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif

ひゃ===! 大急ぎで病院へ。

先生 『もう、赤ちゃんの頭見えてるよ!すぐ分娩室!』


数分後、無事出産。(あまりの早さに着替えてから数分後に妹を追いかけてきた旦那様立ち会いに間に合わず。。。)

もりもり昼ご飯食べる妹。

妹  『朝ご飯食べちゃったから『朝飯前』では無かったけどね〜(笑)』



ある意味超人!c0170236_17231317.jpg

それに引き換え私はもの凄い痛がり。

爪を短く切るのも怖いし、歯医者のチェックで歯周ポケットの検査(歯と歯茎の間を細い器具でチクチクさしていくヤツ)なんて、全身に汗かいちゃう。

今まで、骨折、手術みたいなビッグなものはもちろん火傷、捻挫でさえ経験したことが無い私は明らかに痛みに対して経験値が少なく、その分だけ臆病なんです。(靴ズレならあるけど///)


そんな私がフランスで尿道炎になってしまいました。(小粒だな=)

2週間ほど前、尿意があるのに尿が出ない。頻繁(数分おき)に激しい尿意に襲われるのに数滴しか尿がでない、しかも排尿時ピリッと焼けるような痛さがある。という症状に突然見舞われました。

おかしい!っと不安に思いながらも、その日は彼と彼の友人と映画を観に行く約束をしていたので、上映中、頻繁に襲ってくる尿意に勝てるかという不安を抱えながらシネマに行ったのですが、、、

やはり今まで感じたことの無い尿意の不快感に負け、上映開始30分ほどで彼と彼の友人に謝りながら席を立ち帰宅することにしました。

徒歩5分のアパートまで尿意を我慢できそうに無かったので、劇場内のトイレに行って用をたし、フラッシュボタンをを押そうとした時、、、

ガ、ガーン!!

血尿!!!


c0170236_17332353.jpg


(アパートのトイレはバリバリにブルーレットが効いていて真っ青な水だったので分からなかった。迷いながらもシネマに行ってよかったかも。。。)

『やっぱり繊細(?)な私は、このザツなフランスになじむことが出来ず、深刻な病におかされてしまったんだわ!!』(←おおげさ。。)

と、ふらふらしながらアパートに帰り、
トイレに座りながらネットの泌尿器疾患のコトを調べまくり、
『旅行保険会社に救急診療もしくは手術費のコトを聞かないとだめかしら?』などど真剣に考えていたのですが、時間が経つと少しずつ状態がよくなってきて、

数日後、彼のかかりつけのお医者様に相談したところ、

『あ〜。それ、間違いなく尿道炎だよ。女性はかかりやすいんだよね。。水をしっかり飲んで尿を出してね。抗生物質処方しておくから』

って軽ーく言われました。

その時、既に症状がかなり軽かったので抗生物質も飲まずに放置していたのですが、いつまでも軽くピリっとさせているのも嫌だなーって思い、3日間抗生物質を飲みました。

やっぱり、薬って効くんですね〜。

何事も無かったかのように壮快016.gif


めでたく完治です♪


あっ、ちなみに30分だけ見た映画は

『インセプション』 でした。
c0170236_17584683.jpg


面白いらしいですね〜。観たかったな///
[PR]
by catitude | 2010-08-18 17:51 | 日々のこと

終戦の日

昨日は終戦記念日でした。

もちろん日本ではですが。

調べてみると。。

日本ではポツダム宣言を受諾することを日本が連合国に伝え(8月14日)、天皇陛下が玉音放送で日本国民に終戦を告げた8月15日が日本の終戦記念日ですが、

アメリカをはじめとする連合国各国ではポツダム宣言に日本が調印した9月2日が終戦記念日とされています。

フランスももちろん連合国だったのですが、こちらは対日戦線はなく対ナチであったためむしろ連合国がナチスドイツを降伏させた5月8日の「ヨーロッパ戦勝記念日」が第二次世界大戦の終戦記念のイメージが強いようです。


「歴史は勝者によって作られる」人の世なので、この戦争が語られるときのアンフェアさに憤りを覚えることもしばしばです。

しかし、この日だけは静かに戦死者のことを思い、冥福を祈らずにはいられません。



終戦記念日だった昨日は日曜ということもあり、ミサに行きました。
本来なら神社なのですが、こちらでは仕方がありません。
祈りを捧げる場所なのだから、きっとウエルカムのはず。


週末はANGERの街を離れていることが多く、先週末は80キロほど離れた彼の生家のある街で過ごしました。

この街は13年前にローマ法王がミサを行ったことがあるくらい規模の大きい教区で、立派な教会があり、日曜のミサも毎週行われているので好都合でした。


教会に入って人の多さにびっくり!005.gif

広い協会内に準備されたイスが足りないくらいの人。(500人はいたと思う)


それもそのはず、この日は聖母被昇天祭(assomption de Marie)という祝日でした。
この日はたまたま日曜だったのですが、通常は祝日でお休みのようです。(「休み一日、損した〜っ」ていうセリフ、何度か耳にしました。013.gif

c0170236_185628100.jpg


聖母マリアが天に召された日

マリア信仰の強いカトリックにはとっても大切な祝日の一つのようです。

私はクリスチャンでは無いし、言葉の壁もあってミサの中で語られることもよくわからなかったのですが、たくさんの人々が年齢、性別、社会的ステイタス、など、世俗の垣根関係なく一つに集まり、同じ祈りを捧げる光景は美しく感動しました。

静かにマリア様に祈りを捧げる他の参列者と一緒に静かに戦死者の冥福を祈ることができました。
[PR]
by catitude | 2010-08-16 19:07 | 日々のこと

乳製品大国フランス

初めてフランスを訪れた大学3回生の夏。

生のフランス語も生のフランス人も初めて(学校の先生を除く)で感動しまくりだったパリ。
初めて入ったビストロでメニューもよくわからずに頼んだ前菜が、忘れもしない

これ!!

c0170236_2344863.jpg


そう、ラディッシュ

昨日の市で1.1ユーロで購入。(こんな感じで束で売っています)
フランスで夏の時期に見かけるお野菜なのですが、こちらでどう食べるかご存知ですか??

日本だと薄切りにしてサラダの彩り程度ですよね。

フランスではパンにバターを塗って食べやすい大きさ(2分の一か4分の一程度)に都度カットした生のラディッシュを乗っけて食べるんです。

パンのふわっと感とラディッシュのがりっと感が何とも言えない違和感015.gif。。。

生の大根系野菜をビネガー系ソースではなくバターで食べる!!

日本人の発想には。。。ないない無〜い!!

10ウン年前、初パリの初ビストロで丸ごとのラディッシュ小皿に盛られバターを添えられてサーブされた時、本気で嫌がらせかと思いました。。。048.gif


慣れるとなかなか美味しいのですが///



昨日私が珍しくナイフを握って作ったのが、、

こちら!
c0170236_23221244.jpg


「キュウリのフレッシュクリーム和え」とでも訳すのかしら?

フランスのキュウリは日本のキュウリの10倍近い大きさ(ヘチマを想像頂くとかなり近いです)。
日本のものに比べると果肉が柔らかくかなりジューシー。

定番の食し方はこのフレッシュクリーム和えのようです。

半月切りしたキュウリに塩をふって30分ほど放置し余分な水分を出した後、フレッシュクリームと塩こしょうで和えるだけ。


やはりココでも乳製品登場!!

確かに美味しいのだけれど、、、、

お野菜にどうして無理矢理乳製品を会わせる食し方をするのか???

新鮮で甘みのあるお野菜ってさっぱりと頂きたい。。。そう思うのは私だけかしら?


極めつけはチーズを食べる時、バターを塗ったパンにチーズをのせて食べる人が結構いること(地域性もあると思うけれど///)

乳製品 on 乳製品!!

c0170236_23375392.jpg


どんだけ乳製品が大好きなの〜〜〜!!!


ラーメン/チャーハン定食(ダブル炭水化物!)を頼んだ時のような後悔はフランス人はしないに違いない!!、、と思う。。自分が脂質代謝異常体質ということ忘れてしまいたい今日この頃です。
[PR]
by catitude | 2010-08-12 23:42 | 日々のこと

久々登場、ネコアンテナ

小雨が降る肌寒い(最高気温25度の予報)ANGERSです。

今、住んでいるアパートは家具付きなのですが、かなりコンパクトな作りなので冷蔵庫がとっても小さいのです。
大きな冷蔵庫を購入したのですが、到着は今月末。

それまではこまめに買い出しをしなければいけなくって、めんどくさがりの私にはかなりおっくう。

今日は市がたつ日なのだけれど、フルーツとお野菜を買わないと冷蔵庫内空っぽなのだけれど、市はすぐ近くの広場なんだけど

ううう、、、メンドクサイ〜〜〜!雨ちょこっとだけど降っているし/// ってグズグズな朝。

そんな中でのブログ更新です。



今日はアイニクの曇り空だけれど、お天気の時はいつだってお散歩日和なフランス。

自転車も気持ちがいいけれど、ちょっとだけ時間があるときは歩く方がやはり好き。
30分コースの散歩が定番となってきていて、お気に入りの散歩道も出来ました。

c0170236_17573828.jpg


アンジェ旧市街はアンジェ城近くの中世の町並みともう少し中心に入った19世紀の建物が並ぶ町並みが絶妙なバランスで存在しています。

アパートがお城近くということもあって私の定番散歩コースは(少々歩きにくい)石畳の小道が連なる中世ゾーンです。

人も少なくってとっても快適。


と、、久々に私のネコアンテナが何かをキャッチ056.gif

というか、頭上からネコ毛の束がふわふわと。。。
c0170236_184199.jpg


ボンジュール!! 053.gif

双子の長毛ニャンコがまったりバルコニーでグルーミング中でした。
一匹は無我夢中にグルーミングしていたため、私に挨拶してくれたのは1匹だったけど。。

その一匹もウトウトし始めたので、その場を立ち去りました。

c0170236_1885979.jpg


ご近所ニャンコ達、またね〜〜!!



ああああ、、、、あっという間に正午が近づいているわ。。。
買い出しに行かないと///市が閉まる〜〜〜!!!008.gif

今日のお昼の前菜はキュウリのクリーム和えを作ります。(超簡単!)下ごしらえもしないと。。。。午前中はあっという間に過ぎていく今日この頃です。
[PR]
by catitude | 2010-08-11 18:17 | 日々のこと

私がフランスに渡った理由

アパートのリビングの窓から見えるなんてことのない景色が私はとても好きです。

c0170236_21262944.jpg


あまり高さの無い建物とその上に広がる青空。(そして少し残念な電線///)
日本のアパートからの景色にも少し似ています。

夏の空の表情は日本にいた時も大好きだったけれど、フランスの空も悪くない。


夏なんだから!058.gif

太陽が出ているんだから!058.gif058.gif

海だ!水着だ!!日光浴だ!!!071.gif (かなり涼しくたっておかまいなし)

っていう、フランスの方々とはかなりの温度差を感じ無い訳ではないけれど、

洗濯物が数時間でカラっと乾くのは本当に気持ちがいい!!
c0170236_21393019.jpg

(注:この写真はアパートの画像ではありません、残念ながら。。。)

あぁ!!夏ってやっぱりすばらしい!!



さて、日本での就職活動に見切りを付けて私がフランスに渡る決意をした経緯をお話したいと思います。

シンプルを信条としているので結論から、、、、

彼氏と一緒に暮らすことにしたから。

以上!

単純すぎてあえてお話するレベルでは全くないのだけれど、やはりはっきりお話した方が良いかと思うので。。

人と暮らすことなんて考えたことなかったし、旅行はともかく生活するなら日本が一番という考えに揺らぎはなかった。
ほぼ野放し状態の遠距離恋愛は慣れてしまえばもの凄く自由で居心地がよくって私にはベストだな、、って思っていたけれど。。。

c0170236_21543937.jpg



この心境の変化は自分でも不思議でなりません。

仕事を辞めた時、フランスに旅行することは決めていたけれど、本気で暮らすつもりなんてなかった。
まして、職探しなんて考えてもいませんでした。


彼と一緒に暮らすといっても、結婚するって訳ではないので何のビザを取っていいかさえよくわからない。。。

11月に彼が日本にくるというので「だったらそれまでの3ヶ月間、リサーチを兼ねて観光ビザでフランス行っちゃえばいいじゃん!(ダメなら戻れるし。。。)」

っていう勢い渡仏です。お恥ずかしい限り。

でも、こういった勢いって時にアリなんじゃないかな?って思ったんです。

もちろん、いつも勢いまかせでは困るけれど、飛ぶ時に飛ばなければ翼は萎えてしまうだけ。
崖の上の小さな巣でピーピー鳴いて終わるより、岩に少々体をぶつけてもジャンプしてしまえば後はなんとかなる。ならなくたって死なない限りお終いではない。

c0170236_2218264.jpg


彼との共同生活もフランスでの生活もきっと予測しないことがたくさん飛び出てくるだろうし、びっくりすることもたっくさんあるだろう。もちろんビザや滞在許可をはじめ解決しないといけない問題もたくさんあるけれど、ひとつひとつクリアしていくだけ。

気負わず私なりにこれからも進んでいきたいと思っています。

よく考えれば、新しいことを始めるときって日本にいたって同じですものね。

とりあえずはフランス語、まじめに勉強しないとね〜〜。015.gif
[PR]
by catitude | 2010-08-05 22:28 | 日々のこと
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31