大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

パリの美術館

私のiPhon1号と共に消滅したと思っていた自然史博物館の写真が送信済みメールボックスに入っていました!

c0170236_10472693.jpg


他にも少しだけでしたが、友人にメールに添付して送ったものが残っていてチョット嬉しい001.gif


今回のパリ滞在は12/1~7 と12/25~27 (25日は夜の到着でしたが・・・)の10日間。
ストライキのおかげ(?)で普段だったら行かなかったであろう小さな美術館を訪れることが出来ました。

また、帰国前にパリに戻ったのでポンピドーセンター内の国立近代美術館にも行くこともできたので美術館巡りはとっても充実でした^^

今回訪れた美術館で私の印象に残ったものベスト3は


1位 ザツキン美術館

2位 ギメ美術館

3位 クリュニー美術館
特に「貴婦人とユニコーンのタピスリー」シリーズ



ザツキン美術館

c0170236_1125027.jpg


RENNES通りに買い物に向かう途中に偶然見つけました。
リュクサンブールの西のASSAS通りにあります。この通りは高校や大学の建物が多い学生通り。
しかもこの美術館のお隣のパリ第二大学は近代的な建物なんです。

そんなところにぽつんと平屋のアトリエが! 少し通りから引っ込んだところにあるせいかとっても静かです。
このアトリエにはモジリアニやピカソも出入りしていたとか。

20世紀初頭の美術が好きな方(特に彫刻)は必見です。


ギメ美術館

宿のマダムが超お薦めというので行ってみました。

c0170236_11173296.jpg


アジア文化に造詣が深かった故ミッテラン大統領(マダムはミッテランの大ファンでした)の命で建設された美術館です。

「ヨーロッパ人の作るアジア美術館って“えっ??”って感じじゃあないの??023.gifって思っている方、

大間違いです!!022.gif


極東の日本・朝鮮半島・中国からタイ・カンボジア・ミャンマーの東南アジア インド・パキスタン ネパール・チベット、アフガニスタンまでの美術品のコレクションの質・量ともにすばらしいです。

展示方法や説明も美しくそしてとっても分かりやすい!! アジアにいながら他のアジア諸国の事はもちろん日本の国の歴史や美術品のことって実は何も知らなかったことに気がつきました。

エッフェル塔のビュースポットのシャイヨ宮があるトロカデロからスグです。エッフェル塔のライトアップを待つ時間にでも訪れてみたらいかがでしょう?

第3位のクリュニー美術館は記事にしてありますので省略します。


ランク外ですが、国立近代美術館はやはり現代アートの殿堂ですね~。圧巻です。

c0170236_11455059.jpg


常設展示の4Fと期間展示の5Fがあって、今回の期間展示は 『シュールレアリズムの写真展』 と 『SOULAGES』 でした。 SOULAGESは生存しているフランス人のアーティストのなかでも作品の評価・価格ともNo1っていう人です。
学生の時シュールレアリズムをテーマにしていた時期があったくらいなのでもちろん写真展も面白かったです。 


パリが初めてで日数が少ない方はやはりルーブルとオルセーを押さえるのが精一杯(他の観光地も沢山見たいでしょうし・・・)だと思いますが、2度目からのパリの方はメジャーから少しだけ離れた美術館に行くのも楽しいですよ。

夏の時期ならロダン美術館も庭園が綺麗だしお薦めです

c0170236_11504478.jpg



パリのレポは本日でおしまいです。 次はブルターニュです056.gif
[PR]
by catitude | 2010-01-30 11:54 |

パリの外国人

マイペースで動ける一人旅は大好きなのですが、やっぱり食事の時は寂しいです。

香港とか上海(もちろん日本でも)では一人で食べている人をちらほら見かけるけれど、ヨーロッパのレストランで一人で食事をしている人ってあんまりいないんですよね。。

カフェで軽く食べるとかお惣菜屋さんで買って部屋で食べることが多かったのですが、その日はガッツリ066.gif肉が食べたくなり宿の近くのレストランに入りました。

店内で席に座ると、遠くにエッフェル塔が見えたんです!エッフェル塔が見えるレストランってありそうでないんですよ053.gif

c0170236_12181696.jpg


ワインと肉料理をオーダーしうっとりエッフェル塔を見つめていると

突然、今まで電気がついていただけのエッフェル塔のイルミネーションが

キラキラキラキラ~~072.gif072.gif

って瞬きはじめたんです。(後でクリスマス時期だけ30分に一度キラキラがあるって知りました。)

c0170236_19491593.jpg


(↑上の2枚の写真はトロカデロ広場から撮ったものです。)

あんまり綺麗でビックリしてしまったので、咄嗟に隣で食事をしている人に

『見て!!ホラ、エッフェル塔がキラキラ光っているんですよ==!とっても綺麗ですよね~!!』016.gif

って声をかけてしまったんです。

それがきっかけとなり、レストランに入った時間が同じくらいだったので色々話をしながら食事を楽しみました。


声をかける前、彼らがスペイン語で話をしていたのでスペイン人だと思いましたが、コロンビアとチリの人でした。一人がフランス語が出来なかったので英語とスペイン語とフランス語と混ぜ混ぜだけどものすごく盛り上がり、店を代え、それぞれが彼女を呼んでさらに飲み、今日は南米人のパーティやるからってことでそこで加わった人たちとさらに飲み069.gif踊り070.gifしゃべり018.gif気がつけば4時!!037.gif どおりで眠いはず・・・


経済悪化の母国での影響や仕事の苦労みたいな話から、人生観、結婚観など南米っていってもいろんな国があるの国対抗的な議論も楽しくてパリって本当にいろんなバックグラウンドをもった人が集まっているんだな~って肌で感じました。


慣れてくるとスペイン語で話しかけられても何を言ったか大方分かるようになってくるんですね~005.gif(フランス語と近いせいもあるし、スペイン語はかつて少しかじったことがあるから) 楽しい発見でした。


c0170236_1249420.jpg


翌朝の二日酔いは最悪でしたが・・・
[PR]
by catitude | 2010-01-29 13:00 |

パリのおへそを歩いてみます

旅行をする時、


朝から夜までみっちり動きたい!071.gif

せっかくだから有名な観光地はガイドブックで全部チェックしてすべて回りたい!!071.gif070.gif

買い物だって寸暇をおしんでしたい!!!071.gif070.gif071.gif070.gif



って人とは一緒に旅をしたくない私です。040.gif


行きたいな~って所には確かに行くけど、なんとなくブラブラして街の空気を感じるほうが私にとっては充実感があります。

c0170236_107426.jpg


10年前までのPARISのお気に入りエリアは北のエリアで、サンマルタン運河のあたりとかモンマルトルとか、少し中心よりだけど天井付きのパサージュのあるレ・アール北の界隈が定番の散歩コースでした。


今回は初心(?)に帰ってパリのど真ん中を散歩

ノートルダム寺院のあるシテ島とお隣のサン・ルイ島です。

c0170236_1092352.jpg


観光客が少ない時期だったのですが、それでもノートルダム寺院前の広場には沢山の観光客がいました。

でも一本中に入ると 

エッ??

ってくらい人が少なくなるんですよね・・・

c0170236_10103148.jpg


あの大量の観光客はどこに吸い込まれてしまったの??


シテ島はノートルダム寺院のほかに裁判所や警視庁といった大きい建物が多いので路地散策っていった感じではないけれど、サン・ルイ島は古い建物やかわいいお店が沢山。

c0170236_10142174.jpg



クリスマス前だったのでデコレーションもカワイイ056.gif

c0170236_10152364.jpg


とっても有名なアイスクリーム屋さんがあるのだけれど、12月の寒さの中、夏場に良く見かけたアイスの食べ歩きする観光客を見かけることはありませんでした。当然だけどね^^


少し広域だから分かりにくいかな・・・

c0170236_10213124.jpg


ノートルダム寺院はメトロ4号線 cité 下車してスグです。
[PR]
by catitude | 2010-01-28 10:23 |

パリの空の下

c0170236_1140253.jpg


北半球の12月は1年で一番昼が短い季節。

緯度が日本より高いフランスは朝8時に目が覚めても外はまだまだ暗いんです。014.gif

よく「ヨーロッパの冬は日が暮れるのが早い」って言われているけど、日が暮れるのは日本の感覚とあまり変わらない。むしろ朝がとにかく遅い!

逆に夏の夜は10時くらいまで明るいので、張り切りすぎて疲れてしまう・・・


そして冬のパリは雲が多い!

c0170236_11502275.jpg


c0170236_11582394.jpg


そして雲が多い日は小雨が定期的に降ったりするから寒いんですよね~~015.gif、パリの街はグレーのトーンの曇り空も似合っているけどやはり人間青空のほうが好き!ですよね??


嬉しいことに、私は晴れ女なんです。058.gif

パリについた2日目くらいまでは微妙な天気だったんだけど、その後はパキーン!って青空
(放射冷却で朝はヒャー!!ってくらい冷たいけど。。。)
太陽の光は弱弱しいから、正午近くでも日本の朝の通勤時間のように清清しい056.gif

c0170236_11554496.jpg


嬉しくってお散歩にも精が出ます

c0170236_124287.jpg


↑この中世のお城のような建物は15世紀に建てられたサンス館です。現在のパリの街並みはナポレオン3世の時代オスマンの都市計画によって作られたものなので19世紀のものがほとんどなんです。なので意外にパリには中世の建物が少ないので稀に出会うとハッとします。

サンス館はカトリーヌ・ド・メディシスの娘マルグリッド・ド・ヴァロアが住んだことでも有名です。

マルグリッド・ド・ヴァロアはデュマの小説『王妃マルゴ』でとっても有名。イザベルアジャーニ主演で映画化もされています。


狙ったわけではないけど、1枚目の写真は映画『ペルセキュシオン』の広告。『王妃マルゴ』ト同じパトリス・シェロー監督作品です。日本はいつ公開になるんだろう??


サンス館はメトロ7号線 PONT MARIE を降りるとスグです。丁度アラブ世界研究所の対岸にあります。


c0170236_12342615.jpg

[PR]
by catitude | 2010-01-26 12:35 |

フランス名物  la grève

美術館は好きですが、実は旅行を考える時に美術館は前もってスケジュールに入れることがなぜか無い私です。

かなりの時間を費やす美術館は無理に計画してもしっくり来ないので、ふと、

『美術館行こうかな~』 
って思ったタイミングで訪問するのがすきなんです。(だから一人旅は嬉しい!)

c0170236_16545311.jpg


後は、散歩していたら偶然見つけた小さな美術館に入ってみるのも楽しい。パリはそういった意味でも大小さまざまな美術館・博物館が多くてワクワクします。


そんな私ですが、今回の旅で訪れたいと出発前から思っていたのは

ポンピドーセンター内の国立近代美術館

初めてパリを訪れた18年前に行って以来!(10年前は改装工事中で入館できなかったので)

開館時間スグに入れるようにウキウキしながら向かったのですが・・・・


入り口付近に人はまばら・・・


扉には何かしら張り紙が!! (ものすごく嫌な予感!)

な、な、な、、、、ナント (っていうか薄々気がついていたけど)

フランス名物 ストライキ!!フランス語では la grève グレーヴって言います。

大きな美術館(ルーブル、オルセー、ベルサイユ宮殿など)もスト突入してました。

ストライキの多いフランスではいちいちストライキで怒ったりガッカリしても時間と精神の浪費!残念だけど次回の楽しみが増えたと思い諦め、たまたま見つけた開館している美術館に立ち寄る機会が多かったというわけです。


宿のマダムにそのことを話すと、

はるか遠い日本から来ているのに、本当に可哀想過ぎる! 文化庁に抗議の電話を今から入れるわ!
(本当に電話してました005.gif) 新聞・雑誌にも知人がいるからこのことを記事にしてもらうよう頼むから!!(本当に電話してました)
あなたはフランス政府に飛行機代やその他旅行経費の弁償を請求したらどうかしら??


と、思いがけない反応でした。流石に美術館に行くためだけに来ているのではないので旅行経費の請求はしませんでしたが・・・

翌日のテレビNEWSでレポーターが

『美術館のストライキで美術館を楽しみにしている日本人旅行客が憤慨しています。 このままではクリスマスの旅行シーズン日本人旅行者が減る事が懸念されてます・・・・』
ってなぜか日本人限定のコメントをしていて。。。。。

まさか・・・私発信源ではないよね~048.gif


パリを出発する日マダムがルーブルの本をプレゼントしてくれました053.gif

c0170236_17314989.jpg


メルシ~~053.gif とっても嬉しかったです。
[PR]
by catitude | 2010-01-25 17:34 |

パリ5区を散歩 ③クリュニー美術館

ノートルダム寺院のあるシテ島から左岸に渡り、サン・ミッシェル大通りを南に歩くとサンジェルマン大通りにぶつかります。

その交差点にローマ時代の遺跡があります。

そこが クリュニー美術館

ローマ時代の公衆浴場跡と中世の館がそのまま美術館になっています。

c0170236_16275773.jpg


ビックリするくらいちいさくて分かりにくい入り口付近には古い井戸や日時計。

c0170236_16285795.jpg



かつて礼拝堂だったお部屋の天井は見事なフランボワイヤン様式!

c0170236_16314465.jpg


この美術館の中世のステンドガラスのコレクションはとってもすばらしいです。ステンドガラスがお好きな方。サントシャペルだけでなく、この美術館も必見です!

でも、なんといってもこの美術館の目玉はタピスリー

別室に展示されている「貴婦人と一角獣」のシリーズは息を呑む美しさ! 展示の演出も最高です。

写真は撮ったのですが、データが消えてしまって・・・代わりに他のタピスリーの写真。。

c0170236_1637414.jpg



パリの美術館といったらルーブル、オルセー、があまりにも有名ですが、こじんまりとした美術館もかなりの実力派です。

寒い時期は美術館巡りがやはり多くなってしまいますね~001.gif

今回、小・中規模の美術館を訪れているのには、もちろんそんな美術館が好きなこともありますが、そのほかにも事情があったんです!

その事情はまた次回048.gif


クリュニー美術館(Musée National du Moyen Age) はメトロ10号線 cluny la sormonne下車すると目の前です。入り口は大通りから曲がったところにあります。

c0170236_16484231.jpg

[PR]
by catitude | 2010-01-24 16:49 |

パリ5区を散歩 ② 自然史博物館

パリは今回で7.8回目。しかも一回の滞在は大抵1週間以上の個人手配なのでかなり歩いて見てきているのだけど、行きたいところリストが膨大に残っています。


自然史博物館

もその一つでした。昨日紹介した「アラブ世界研究所」のすぐ近くにあるので同じ日に行ってきました。

なんといっても有名なのが進化大陳列館

c0170236_20191076.jpg

おびただしい数の動物の剥製が縦列に行進している圧巻の展示!

まるでノアの箱舟です。005.gif

中央が吹き抜けになっていますが、展示室は4階(多分)まであって時代や地域、テーマ別に標本・剥製などが分かりやすく展示されていて子供も大人も楽しめます。



やはり小・中学校の遠足の定番のようで何組かの子ども達の集団が来ていましたが、観光客は少なかったです。

この博物館は他にも植物園・動物園・鉱物館・もあります。


動物園も行ってみました。一人ですけど・・・

大物がいないのでものすごく地味。だけどのんびりした雰囲気がステキです。温かい時期に来たかった・・・


12月初めの小雨が雪になりそうなこの日、観光客はもちろんほとんど人がいなかったです。すれ違う人と挨拶を交わしてしまうくらい001.gif

c0170236_20323651.jpg


動物さんのおうちも19世紀初めのもの。カワイイです^^


足元もぬかるんでいるしとにかく寒~い!


動物園で寒くなったら行くところ。


それは、やっぱり


爬虫類館

c0170236_20352126.jpg



さらに地味~~! 蛇もトカゲも亀もワニも・・・微動だにしません014.gif014.gif

でも、私、爬虫類館ってすきなんですよね。。 あの温室独特の湿気と臭い、癒されます056.gif
今度は幼稚園児の軍団と一緒でした。

ちびっ子と一緒に小亀の水槽を見たりして^^ パリまで来てすることかな?思わなくも無いけど^^


c0170236_20394236.jpg


アンリ・ルソーが『蛇使いの女』の背景のスケッチをした植物園も見てみたかったんだけど空腹と寒さで悲しくなってきたので次回にまわすことにしました。


自然史博物館(Museum National d'Histoire Naturelle) はメトロ7号線・4号線 JUSSIEU下車。


温かい季節ならお向かいにあるモスクにあるカフェのテラスでミントティーを飲むのもお薦めです。

また、すぐ近くにはローマ時代の円形競技場がのこっていて夏の昼下がりここでのんびりサンドウィッチをかじりながらすごすのも悪くないです。パリとは思えないゆるーい雰囲気がステキなところです。

やっぱり次は夏に来よう!


c0170236_20475321.jpg

[PR]
by catitude | 2010-01-22 20:48 |

パリ5区を散歩 ① アラブ世界研究所

c0170236_18543049.jpg


前から気になっていたけど、なかなか行けなかった

アラブ世界研究所

アラブ諸国とフランスの文化交流を目的に作られ、中には美術館、図書館、大小のホール、カフェ、書店、そして屋上にはノートルダムを臨む絶景を楽しめるレストランがあります。

屋上は無料で上れるし、とってもいい景色なんです。『パリ到着』の記事に載せた写真はココから撮ったものです。


建築家ジャン・ヌーベルの出世作っていってもいいこの建物は壁がすべてガラスパネルになっていて、そのパネルは(多分)アルミで出来た仕掛けがついていて採光量を調節できるようになっています。
その模様はイスラムの窓に観られるマシュラビーヤをモデルにしているそうです(Wiki参照)

c0170236_19103713.jpg


建物内部にむき出しの状態で階段とエレベータがあり、それらの直線のラインと窓から乱反射する光がとってもキレイです。(1枚目の写真)


パリが初めてで時間がない方には行っている暇が無いかもしれませんが、この建物と屋上からの絶景は一見の価値ありですよ!


しかも、屋上に上がるのは無料です。(建物に入るのにセキュリティーチェックがあります。)
モンパルナスタワーもポンピドーセンターもノートルダムの塔もエッフェル塔もパリを見渡すスポットは大抵有料で並ばないといけないのに、ココはその点を考えても◎

絶景スポットで無料のところは他にモンマルトルの丘から見るパリ(コレもお薦め) 超穴場だったのがポンヌフの右岸にあったデパートのサマリテーヌの最上階。残念ながらサマリテーヌは2005年から閉店改装中で入れません。


アラブ世界研究所(Institut du Monde Arabe) はメトロ7号線、10号線Jussieu下車。なんですが、そこから結構分かりにくいです。サンルイ島からわたってきたほうが建物も遠くから見えてくるし分かりやすいと思います。

c0170236_19313394.jpg


↑地図はメジャーな観光スポットをブルー。今回私が行ったところを赤。今回は行っていないけど好きなところをグリーンにしてみました。 本日紹介した所は水色です。001.gif
iPhoneから送信
[PR]
by catitude | 2010-01-21 18:54 |

PARISのお宿

c0170236_2015035.jpg


今回泊まったのはNETで予約したシャンブルドット(フランス版B&B) 

リュクサンブールの目の前にあって空港からのアクセスも観光もものすごく便利なところでした。それにとっても安全な地域の一つでもあります。


子供が独立して空いた部屋を宿として提供する人が多く、私の泊まったお家も6人(!!)のお子さんのうち21歳の末娘(ものすごくカワイイ!!)を残して家を出て部屋が余っているため数年前からB&Bをやっているそうです。

写真は私の滞在した部屋で撮った写真。(部屋だけを写した写真も沢山あったのだけど・・・・すべて水に流れてしまいました・・・)

c0170236_2091991.jpg


赤・黄・黒・緑というコントラストが強い色をセンス良くモダンにまとめてあってカワイイお部屋でした。
改装して部屋の中にシャワーと流しがあるからとっても便利。


とっても居心地が良いので、ちょくちょく戻っては休憩してました^^


宿のマダムはとっても親切でエネルギッシュな人。

例えば・・・ある朝の会話。。


マダム  『今日は何するの?』

私    『ショッピングでもしようかな~。ブランド物は興味が無いからやすくてカワイイ服がほしいな・・』

マダム  『それなら、○○よ!あっ、▲▲もいいわ、娘がココでドレスを買ったんだけどなんと××ユーロ!安いでしょ~。。でもすごくキレイなのよ=。スパンコールがこことココについてて・・・(以下相当量省略)、ショッピングならA通りが充実しているわ、この下のバス停の80番のバスに乗れば一本よ。あとB通りもはずせないわね・・・(以下かなり省略)。買ってきたら私に是非見せてね!日本の女の子は世界で一番オシャレでかわいいから大好きなのよ=053.gif あっ、コーヒーのお代わりいる??』

ってこんな感じ。この後も色々と話をするので朝食が終わると10時を回っていることも003.gif(私が起きるのが9時ごろ)


私、フランスにいるんだわ~。ってしみじみ感じました。001.gif


ここのマダムはおばあさんがロシアの方。ナプキンリングとキッチンに置いてあるロシアンティーの缶をみて、ロシアにゆかりがある家系だなってスグに分かりました。


そのことを伝えると大喜びでロシアのティーセレモニーのお道具を見せてくれました016.gif
はじめてみるものばかりでとっても面白かった~001.gif


多民族国家ということも、フランス国内でも出身地の愛着が強いということもあって、フランスの人たちはインテリアや食器などに出身にゆかりのあるものを使用することが多いです。(前面に出すかさりげなく出すかは個人差があるけど・・・)

『これ、キレイなお皿ですね』 とか 『この絵はどこの風景なんですか?』 とかさりげなく聞くととっても喜んで色々興味深いお話が聞けることが多いです。プラスその後さらに親切にしてくれること請け合い!ぜひお試しあれ!


ただし、出身地ネタはかなり話が長くなることを覚悟したほうがいいです!!
[PR]
by catitude | 2010-01-20 21:03 |

フランスレポ再開♡ 国内乗り継ぎ事情

c0170236_11595951.jpg


早くしないと記憶が中国旅行に上書きされそう(笑)

フランスの写真もiPhonでかなり撮っていたのにバックアップが甘 くて数枚を残して後はパーに…。
今後はバックアップ怠らないように気をつけます!いい勉強になりました。




では、旅の話、、、っていっても本日は日本出国まで・・・

朝8:45発の飛行機だから5:30に最寄の駅から空港バスにのりました。

最寄の駅までタクシーで行き、バスを待つのですが、早朝にも関わらず駅構内はなぜか人だかり。。。
しかも、みんな


ホームレス!!

少々ビビリつつベンチに座ってバスを待っていると、作務衣を着たお坊さんが大きなお鍋を持って現れ、ホームレスの方達は順番に自分のおわんにお鍋から暖かいスープをもらい、バス停のベンチに座って食べ始めました。

驚くのは、ホームレスの方達は構内を汚さないよう食事中はイスや足元に新聞紙をランチョンマットのごとく敷き、食事が終わると駅員さんのように箒を所定いちから持ち出してお掃除までして帰ったんです。気を遣って暮らしているんだな=、、ってチョット切なくなりました。


彼らはもちろん駅員さんとも顔見知りで、穏やかに談笑しながら食事をする風景は社員食堂さながら。。。でも、彼らの生活は間違いなく命をすり減らしているんですよね。


これからドンドン寒くなるのに、高齢者が多いホームレスの方、、、とっても心配です。


これから旅をするというのに、なんだかとっても申し訳ない気持ちになってしまいました。。





そうこうしているうちに、定刻通りバスが来て、早朝にガラガラの高速道路をスイ~と60分あまりで飛行場に着きました。以前の空港(小牧)に比べるとホントに近くって便利で助かります001.gif


今回私が乗った飛行機は、今、大変なことになっているJAL。(AFとの共同運航)


残念なことに名古屋(セントレア)からパリへの直行便がなくて名古屋(セントレア)→成田→パリなんです!乗り継ぎ時間は丁度よかったけど、便によってはギリギリで係員と一緒にダッシュする人も・・・。


名古屋→成田は国際線扱いなので出国手続きは名古屋で行うのですが、成田で再度セキュリティーチェックがあるので名古屋の免税店で香水とか化粧水とかNGなの!(帰りの飛行機は成田→セントレアは国内線扱いだからパリの空港で購入した液体物もスーツケースに入れることが出来るので大丈夫でした。成田乗換えの方は便の内容を注意してね~)

セントレアの免税店って事前にNETで購入できるんです。受け取りは空港だけど免税価格からさらにお値打ちになったりするし、絶対欲しいのを事前に見れると後は余裕で買い物できるからとっても便利。

だけど、今回はその利用はしませんでした。残念008.gif


最近は航空業界が苦しくて便の統合やら共同運航やら何かと乗り継ぎがめんどくさくなったり、
加えてセキュリティー強化で飛行機に乗るためにやたら時間がかかったり。。。

時間に余裕を持って!!は本当に本当!!

iPhoneから送信
[PR]
by catitude | 2010-01-19 11:59 |
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー