大地はオレンジのように碧く

hirobochan.exblog.jp ブログトップ

ロワール川河口の島 île de Noirmoutier

再渡仏してからはじめてのプチ旅行に行ってきました。

宿題やテスト準備が気にはなるけれど、やはり気分転換は必要ですものね001.gif

アンジェからサンローランを経由しさらに西へ。

大西洋を目指します。

海が近づくと湿地がちになり、

c0170236_1833112.jpg

こんな恐ろしげな標識が出てきます。(標識の写真を取り損なったのでネットから拝借)

そのまま突き進むと

パッサージュ ドゥ ゴワ( passage du Gois)

という、海の中を通る道に入ります。


c0170236_1845995.jpg


満干の差が大きいフランスの観光地を言えば、もちろんモンサンミッシェルが頭に浮かびますが、

ブルターニュのキブロンから少しだけ南にあるこの土地(ここはブルターニュではなくvendee県)も満干の差が激しい所。
塩田が多いことからもそのことが分かります。

この道、もちろん満潮時には海の底。

干潮時間を確認して行かないと大変なことになります。

日本だったら、踏切らしき物が設置されているとか、迂回可能なポイントに何らかの案内表示があるのだろうけれど、

もちろん、一切そんな物はありません。


道が遮断されたら、、、



立ち往生するだけ。



もし、道途中で車が動かなくなり、レッカー車が来てくれなかったら、、、



車が海に沈むだけ。


すべてが自己責任です。はい。。


ここを通るなら、干潮時間を調べてくる。それが当たり前のことなんですね。

潮干狩りを楽しむひとも結構いました。(熱中しすぎて潮が満ちてきたら焦るだろうな、、、)



ちなみにここ、今年のツールドフランスのスタート地点です。034.gif


c0170236_18222776.jpg


海を渡ると夏場はリゾート客でごったがえす(らしい)リゾートアイランド、ノワールムーティエ島(île de Noirmoutier)です。

まだ、シーズンではないのでとても静か。


そして、この時期、この島には沢山のミモザが咲き乱れます。
c0170236_18252297.jpg


日本の桜と同じように、この島でミモザが一斉に咲く時期は期間が短く、見頃は1週間前後。その後はショボショボになるみたい。

先週末はばっちりミモザのピーク時期でどこにいっても黄色の花がワッサワッサ咲いていました。



c0170236_18282867.jpg

風は冷たかったのですが、お日様がしっかり出ていてくれたので、海沿いを散歩したり、

砂浜で昼寝してみたり、

海をみながらピクニックしたり、

c0170236_18303760.jpg


シーズンオフのリゾート地の鄙びた町並みを散歩したり、

のんびりと一日を過ごしました。

c0170236_18322926.jpg


島を出る時は満潮時だったので、もちろんパッサージュドゥゴワは通れないので、反対岸にある橋を渡って本土(?)入り。


久しぶりに見た海。

心がチョットだけ静かになった気がしました。
[PR]
by catitude | 2011-03-08 18:41 | 日々のこと
line

食べ物、本、映画、旅行など備忘録がわりに


by catitude
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31